e-妊娠top データ館マップ 妊娠したいデータ 不妊で悩む人が少なくなるためには?(File5)

不妊で悩む人が少なくなるためには?(File5)

ベビーシューズ
妊娠できたよ!
妊娠できたよ!

年齢など絞り込みでるようになりました。苦しみを乗り越えた人たちの妊娠報告...

DOKAN不妊治療の費用の負担が軽くなったらいいのかなとは思います。 私は、通院した方が確率的に違うんだろうなぁと思いながらも、長期的に考えた時に、正直やはりお金の事は引っかかりますね。
すぐり子供手当も大事かもしれないが、 不妊治療に対する手当や対処は無いのか? 妊娠したくても治療費が莫大に掛かるからって諦める人だって居るはずなのに! 政府はその辺をちゃんと考えるべきです。 望んでる人に恩恵が無い社会だから少子化になるんだと思う。
たらこ分かりません。子供を授かるか授からないかは、結局”運”だと思います。努力しても報われないこともあるかもしれません。
aki不妊治療に保険が適用される様にしてくれれば病院に行きやすくなると思います。簡単に子供が出来た人には分からない苦しみがあるのを周りはもっと理解して考えて発言してほしい。
hanako不妊治療も3割負担にするべきでは・・・。 子供がすぐ出来る人たちだけ優遇されるのは不公平だと思う。
つばくろう不妊についてもっと知ること。
ももたろう政治家の不妊に対する理解。
みちこ 結婚したら必ず子供ができるという概念をかえてほしい。
不妊治療の理解が必要だと思います。 実際、不妊治療を経験した人しかわからない事が多いからです。 治療をしたらか妊娠できるという保障がない所に不安が多く、体外受精の治療金額にも驚きます。
ぐみ不妊についての知識が世間一般に広まっていない。
ピンキー結婚したら必ず子供がいるのが当たり前だと思わないでほしい。妊娠は必ずできるものではないのだから人の気持ちを考えられるような人が増えてほしい。
まろん一番、金銭的に厳しいものがあるので、せめて保険適応をお願いしたい。私は原因不明不妊で、少しでもストレスを取り除こうと仕事を変えた時期がありましたが、お金がなくて不妊治療さえ通えなくなりました。この不景気と重なりとても辛かったです。仕方なく仕事をフルに変えて漸く不妊治療を再開できましたが、一年前と比べ待ち時間が半減するほど短く、受診者も減っていました。それくらい不妊治療をするのにお金が掛かるということで、したくても出来ない現状があります。どうか保険適応になるか、所得制限なく助成金補助を受けられるようにして欲しい。助成金も15万なんて少なすぎる。一度して出来るのならまだしも、一度で出来る人の方が断然少ないのだからもう少し考えて頂きたい。そんな悩みも公にはできず、金銭面の不安と精神的にも本当におかしくなりそうです。子どもを安心して産める環境をの以前の問題です。
マッスル周りの人の心ない言葉。それと不妊にかかる金額をもっと安くして欲しい。保険のきかない薬や注射が多すぎる。
さちこればかりは経験しないとわからない感情かも知れませんね。 難しいです。
よしこ行政、周りの親族。
ちーちゃんストレスになるような事を言わないで欲しいと思います。子供は?とか。 不妊と言うだけで、偏見するのをやめて欲しいです。
バロン夫婦が居れば子供が居て当たり前だと思ってると思う。 欲しくて望んでいるけど出来ないという人も居るという事も解って欲しい。 そして常に女性は仕事か?子供か?と究極の選択を迫られていると思うので職場に託児所があるとかで改善して欲しい。
つばくろうまず、不妊に対してもっとみんなが関心を持つことではないですかね。今は不妊で悩む人が多くなってきていますが、まだまだ周りの目が気になるし、妊娠を軽く考えてると思います。子供を授かることが奇跡なんだってことをちゃんと分かるべきだと思います。 あと金銭的なものもありますかね。
たら周りが変わるのではなく、自分が成長する事だと思っています。だって本当は、赤ちゃん待ち期間って楽しくてワクワクする期間だと思うから。
不妊治療に対する補助をもっと多くしてほしい。
ナノ辛いと言った時にその思いを黙って聞いてくれること。プレッシャーを与えないこと。子供が授かるのをそっと見守ってくれること。
はな現在北米在住で、この国は不妊に関わらず養子の受け入れが多く、実子と共に育てられているのをよく見かけます。 髪や肌の色で周りから見ると明らかに分かるのですが、その養親は「あなたはとてもラッキーなのよ!!(家族や故郷が二倍になることに対して)」と言うそうです。周りからの偏見も全くないです。 数年後には帰国する予定ですが、養子云々ではなく、日本にもそんな空気が広がったら、少しは気が楽になるかもしれないのに・・・と思います。
みちる親戚、友人、どんな関係であろうと「赤ちゃんまだ?」「次の子はいつかしらね」といった言葉を女性に掛けてはならない、というのをエチケットやマナーとして世の中に浸透させること。
美羽不妊で悩んだ人しか分からない。
琥珀不妊治療がもっと広まって、周りの理解が深まること
ゆち変な気遣いと余計なお世話。基本的には外野の人は子供ができるできないに関して、とやかく言わない。もし、不妊で悩んでる人がいたら、話を聞くだけで、変なアドバイスや励ましはしない。
ちえちゃん周りが変わるのを期待するのではなく、自分がストレスとうまくつきあえるように成長するほうがいいかな。
ふじこ私の周りでは30代で結婚した人が多く、大体が子供を産む時期について 悩んでいます。その割りに不妊の知識が少なく、避妊解除=妊娠、と思って 30代半ばになってものんびりしているケースが多いなと感じます。 私は自分が不妊(原因は加齢)なので「せめて基礎体温だけでもつけてみたら?できないとわかったとき35歳をすぎてると難しいみたいよ」といったりするのですが「私は親が37歳のときの子だ」「40歳で出産してる芸能人いっぱいいるじゃん」と返ってきます。この知識のなさ。 そして「でも治療すれば何歳でも授かるんでしょ?(←32歳の発言)」 一体・・・。ドラマでも喜劇でも、できちゃった婚的なもの=妊娠はすぐできる、という形が横行しすぎ。不妊で悩む人の話なんでドラマにならないかなぁ、とにかく不妊知識が一般に普及しなければ、周囲の無理解はかわらないと思います。
まりな赤ちゃんはまだ?の問いかけは、控えてほしい。 規則正しい生活習慣を身につけて、身体を大切にするよう心がける事。
あまみ妊娠が簡単な事ではないということを 周知していただきたい。
やのめもっと不妊症で苦しんでいる人がたくさんいることを知るべきだと思う。 不妊症の人は、自分が不妊であることを周りに言うことをためらってしまうから、周りの心無い言葉で傷ついてしまう。自分は不妊症だとはっきり言える世の中になるには、もっと不妊で苦しんでいる人がたくさんいることをみんがが知るべき。そしたら、そんな心無いことも言わなくなるとおもう。
コティバ自分自身がそうですが、妊娠したいという気持ちの中に、周りと同じでなければいけないというプレッシャーがあります。人の人生はそれぞれだということを、もっと理解し合いたいと思います。
ちび結婚していれば、子供が居て当たり前という見方を変えてほしい。  欲しくても出来ない人も居るし、逆に欲しくない人も居る。人それぞれの生き方を、そっと受け入れてほしい。
ぶう子作りする気ないカップルは避妊してほしい。 そして、理解しなくていいから黙っててほしい。 それだけです。
きり不妊の原因が女にあると思われがちなので、正しい知識を知ってほしい。
ゆうたん結婚したらすぐ子供を産むものだと言う考えをやめるべき。今は時代が変わって女性も社会進出しているわけだし、それぞれの人生がある。女性は結婚したら子を産み子育てするのが当たり前を思うのはもう古い!子育て手当よりも不妊治療への補助をするべき。なぜ子供がいない人が増税されなきゃならないのか意味が分からない。もっと現代の流れにそって欲しい。
あや頑張れって言うな。言われなくてもがんばっとるわいっ!! 遠くで見守ってくれるだけで結構!
キラ不妊を理解してもらう事、想像以上にデリケートな問題だという事
シンディやはり「不妊治療に対する国の費用負担」もしくは「不妊治療費の控除」です。 周りの理解や精神論などのキレイ事ではなく、残念ながら「絶対」にお金がなければ不妊治療が受けられない続けられないということです。
他人に深入りしないこと。
ai不妊治療の保険摘要。不妊専門医がもっと増える。「子供手当て」も大切ですが、子供が欲しくてもいない世帯もあります。治療のために仕事をやめたので専業主婦ですが、配偶者控除の廃止とかやめてほしいです。
まろ考え方!結婚=子供って考え方は、やめてほしい!全員が授かれるわけではない
 周りというより、自分の心持ちですよね(^_^) 同じように不妊で悩んでいる人が身近にいるだけで、ちょっとほっとしちゃいます。すごく嫌な言い方だけど、自分よりちょっと不幸な人に救われるかも。
natsuやはり、周りからかけられる言葉を考えてほしい。(不妊に対しての周りの理解) 私自身はいやな思いをしたことがないけれど、いろんな友達の話などを聞いていると、結構心ない言葉を言われていることが多い。 私自身も気をつけていこう、と思いました。
みけねこ子供のいない夫婦は、日本では少数派です。 日本では少数派であるよりも、多数派でないと幸せではないという考えが根深くあるような気がします。これを変えていくのは、とても大変です。 始めから子供を望まないご夫婦もいらっしゃいますが、長期間の不妊治療の末に子供をあきらめるご夫婦もいらっしゃいます。 親のいない子供の気持ちが親の愛情をたっぷり受けて育った子供には分らないように、半身を裂かれるような思いで子供をあきらめた御夫婦の気持ちは、決して理解できないでしょう。 他人は、そうした気持ちを分らずに、一番安全な場所から無責任に好き勝手を言います。 ですが、ちょっと眼を横道に逸らすと、子供が生まれてから夫婦の関係が悪化した家庭、子供を愛せない親などなど、決して幸福とはいえない状況に陥っているご家庭も多い。 自分の価値観を押し付ける人も、実は不安と不満と問題を沢山抱えて一杯一杯なのです。 だからこそ、互いに痛みを分け合い労わりあうのが本当だと感じます。 ですが、残念なことにそうした人ばかりではありません。 どんなことを言われようが、どういう結果になろうが、自分の運命を受け入れ、誇りに思えるような、そうした人生を歩んでいくしか無いと思います。 そうすれば、必ず理解してくれる人が現れてくれると思います。 お互い頑張りましょう。きっと幸せは見つかるはずです。
まめちび結婚○年だから、妊娠するのが当たり前的な固定観念の押し付け。
ふみ 一般の個人産婦人科医院の質の向上。
すずらん周りの理解、思いやり
ちょろ不妊は特別なことでなく、そういうことがあることを皆が知って欲しい。

File1File2File3File45File6

\ Pic Up /