e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2011年 もはるさん

子宮卵管造影検査2011 もはるさん

赤ちゃん見えるかな
妊娠できたよ!
妊娠できたよ!

年齢など絞り込みでるようになりました。苦しみを乗り越えた人たちの妊娠報告...

顔アイコン
  • おなまえもはる
  • ねんれい30
  • 治療期間2回目の受診で。
  • 検査費用7660円(保険適用外のシリコンチューブ代3000円含む)

卵管造影検査を受診するきっかけ

昨年の8月から赤ちゃんを望んで、基礎体温によるタイミングでチャレンジしていましたが授からず(基礎体温は4年ほど前から計ってました)。

昨年の12月からは、基礎体温と海外製排卵検査薬でタイミングをとり、「これバッチリ!」と思っていたのに、2周期が過ぎても授からず。

チャレンジを始めてからまだ約7ヶ月なので、通院はまだ早いかなぁと思っていましたが、このままずっともやもやした気持ちでチャレンジを続けるのがつらいと思い、思い切って不妊治療に力を入れている病院を受診しました。

1回目の受診で看護師さんとじっくり話し、それを先生にも伝えていただいて、一通りの検査をすることになりました。

まず血液検査と超音波検診を行い、2回目の受診で子宮ファイバースコープと卵管造影検査を行いました。

卵管造影検査の進行と感想

まず子宮ファイバースコープを行い、続けて卵管造影検査用の管を入れたのですが、ここまでは少し気持ち悪いくらいで全く痛みはなし。少し拍子抜けしてしまいました。

レントゲン室に移動し、座薬を入れて横になって待っている間に、少しずつ生理痛のような痛みが・・・。でも、十分我慢できる程度の軽い痛みでした。

その後、造影剤でアレルギー等を起こさないか検査するために少し造影剤を入れたのですが、ここでも全く痛みはなし。15分ほど様子を見て、いよいよ造影剤注入となりました。

ここからひどい生理痛をさらにひどくしたような痛みに襲われ、先生の「大丈夫ですか?」の問いかけに「い、痛いです・・・」と素直に答えてしまいました。

「目を瞑ると遺体部分に気持ちが集中して余計に痛くなるから遠くを見てゆっくり深呼吸してくださいね」と言われ、その通りにしていると気持ちが落ち着き、痛みも弱くなってきました。

「痛くなくなってきました。」と言うと、「造影剤が通ってしまうと痛みも少なくなるよ、通過するときが1番痛いからね」と言われました。

途中「我慢できそうになかったらここでやめるよ」と言ってもらいましたが、「赤ちゃんを授かるため!がんばれ、私!」と励まし、最後までがんばりました。検査の間、看護師さんが腰をさすってくれていたのもよかったです。

検査後は、さらに15分ほど休んで抗生物質を処方され、終了となりました。検査室に入ってから約45分で終わりました。4日後に結果を聞きに行くことになっています。

今後の人へのメッセージ

私はまだ妊娠していませんし、結果も聞いていないのですが、卵管造影検査後すぐに妊娠した知り合いが3人います。私はとにかく何かしていないと落ち着かない性格なので、少しくらい痛みがあっても前進できるなら・・・と検査を受けました。

確かに痛みはありますが、先生も「不妊検査を受ける上で避けられない検査だからがんばろうね」とおっしゃっていたので、受けてよかったと思っています。

1周期でも早く、赤ちゃんを授かることができたらいいなと思っています。迷われている方は、勇気を出して受けてみてください。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /