e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 ゆうたんさん

子宮卵管造影検査 ゆうたんさん

ベビーシューズ
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえゆうたん
  • 年齢26
  • 治療期間約1ヶ月以内
  • 検査費用6000円

卵管造影検査を受診するきっかけ

無月経で婦人科の治療を初めて4年目に入ります。結婚後1年半が経とうとして、そろそろ子供を念頭に置いた治療にかかろうと一念発起し転院。

その病院の基本検査に子宮卵管造影検査が含まれていました。皆さんの体験談を読んで「痛い!」という意見が多数だったので、緊張しながらもやる事に。

もう少し経ってからでも・・・と思って先生に聞いたところ、この検査は治療の初期にやっておいた方が良いと言われ決心しました。

卵管造影検査の進行と感想

レントゲン室に入り先生が来るのを待ちました。
気分は「怖い・・・怖い・・・」のみ。
でも、できるだけ力を抜いて深呼吸を繰り返していました。

先ず膣を広げる器具を入れ、横のモニターで造影剤が子宮に入るのを確認。
この時の痛みは、生理2日目くらいの痛みでした。
「あれ?思ってたより痛くないかな。」

そのあと「これからちょっと痛いかもしれないけど、すぐ終わりますよ。痛かったら我慢しないで言っていいですからね〜。」と先生が。

モニターで造影剤が卵管に流れた瞬間、キューっとさっきの数倍の痛みが。
でも数十秒で終わりました。覚悟していたよりは、痛みを感じませんでした。
痛みよりもモニターに集中していたのが良かったのかもしれません。

今後の人へのメッセージ

体験談で怖くなってしまうかもしれませんが、卵管造影検査は本当に感じる痛みは人それぞれだと思うので、必要以上に心配し過ぎない方が良いと思いました。最初からなるべく「力を抜いて深呼吸」これです。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /