e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 セイラさん

子宮卵管造影検査 セイラさん

うつ伏せで寝る赤ちゃん
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえセイラ
  • 年齢30
  • 治療期間初診から3回目(約1ヶ月目)
  • 検査費用2880円

卵管造影検査を受診するきっかけ

初診でのエコー検査で子宮筋腫があることが判明。
2回目のMRI検査で1.5cmと2.5cmの筋腫が確認。
今すぐどうこうということではないが、早く妊娠した方が良いと言われました。

先生から卵管造影検査をしてみましょうと話がありました。
検査内容や検査目的をこちらのサイト等で知っていました。
私自身も妊娠を望んでいたので、次のステップと思い検査を受ける事に。

卵管造影検査の進行と感想

生理がきたら予約するように言われ、生理開始から8日目に検査しました。
当日は3時間前から絶飲食。朝9時半から検査で9時までに受付。

エコー検査と消毒をした後、膀胱を空にする為にトイレに。
次に筋肉が緊張しないよう前投薬として腕に注射、X線室に移動しました。

膝丈くらいの紙パンツに履き替え、平らな台に横になり、先生が来るのを待機。
待機中は看護師さんが、検査の流れや使う道具や造影剤の量を見せてくれました。

「1〜2分で終わっちゃうから。」
「造影剤もこれくらいしか使わないから。」
とか言ってくれたり、雑談をして私の緊張をほぐしてくれました。

先生が来ていざ検査開始。
子宮口を開くまでは痛みは無し。
しかしカテーテルがなかなか入らず、かなりの激痛。

生理痛の倍の痛さが一気にきた感じでした。
痛さのあまり、意識が遠のきそうになった程。
途中でやめてくださいと言ってしまいそうになりました。

でも、どうしても赤ちゃんが欲しい!
という気持ちが頭を巡り、必死に痛みに耐えました。

少しだけ痛みが引いた時、生温かい感じで造影剤が入ってきました。
入ってきているのが分かり、辛いなと思っていたら検査終了。

時間にしたら、5分あったかなかったか位でしたが、とても長く感じました。
今までにない激痛でしたが、看護師さんが手を握ってくれて心強かったです。

検査後はロビーで結果待ち。
鈍痛が1時間以上続きましたが、検査の痛さに比べたら全然平気でした。

検査結果は、子宮が筋腫があるせいか弓状になっていると診断。
私にはハート型に見えました。卵管は両方ともちゃんと通っていました。
今回の検査では問題ないとの事でした。

今後の人へのメッセージ

妊娠を望むなら、自分の体がどういう状態か早く知る必要があります。
出来る限りの検査を受けたほうが良いと思います。

私は今まで恥ずかしいと思い、婦人科に行くのを避けてきました。
1度行っちゃうと全然平気です。むしろ、もっと早く行けば良かったと思いました。

もし体に妊娠するのに妨げとなる事があると、検査や治療が必要になります。
その分、赤ちゃんと会えるのも遅くなってしまいます。

妊娠する時間もどんどん限られてきてしまい、迷ってる時間はもったいないです。
痛さを考えると不安ですが、赤ちゃんを励みに検査を受ける事をお勧めします。

卵管造影検査の後はゴールデン期が3〜6ヶ月あると言われています。
期待しつつ、頑張っていこうと思います。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /