e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 ぺにょさん

子宮卵管造影検査 ぺにょさん

木村さん
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえぺにょ
  • 年齢29
  • 治療期間2ヶ月半
  • 検査費用5800円

卵管造影検査を受診するきっかけ

前の病院では血液検査のみ、排卵誘発剤でした。
転院してからは色々検査をして欲しいとお願いしました。
その結果、先生から卵管造影検査の提案がありました。

卵管造影検査の進行と感想

出来てまだ1年の新しい不妊専門病院です。
こちらではレントゲンを使わない、超音波子宮卵管造影検査でした。

今回排卵がいつもより早めに来てしまいそうでした。
でも、「もし排卵日であっても問題ありません」とのこと。

普段の検査台で子宮入り口に器具が入り、そこで少々痛みが。
バルーンを入れて膨らませて左右片方ずつ、造影剤が通るかを検査。

いつも見るモニターで通っていく様子が分かりました。
液が白く写っていました。通っていたからか、痛みは無し。
終わったらそのまま卵胞チェック、置いてあったナプキンをしました。

痛み止めや抗生物質は一切処方されませんでした。
後から痛くなる場合もあり、市販の痛み止めを飲んで構わないと指示。

「2〜3日後には排卵しそうです、タイミングとるといいですよ」と指導。
造影剤も卵管には残らないので問題無いとのことでした。

お会計中に少しずつ生理痛のような痛みが来ました。
帰宅後もドーンと重い生理痛のような感じでしたが、薬を飲む程ではなし。

特に指示はありませんでしたが、直後の入浴はシャワーのみに。
出血もその日と、翌朝に少しあっただけでした。

今後の人へのメッセージ

今回は、レントゲンがないタイプの検査でした。
日数も掛からず、造影剤が残る心配もありませんでした。

やるまでは緊張と不安でいっぱいでしたが、やって損はないです。
卵管造影検査は、早いうちに済ませておいた方が良いと思いました。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /