e-妊娠top 出産の入院生活 赤ちゃんの沐浴 沐浴前の簡単チェック

沐浴前の簡単チェック

妊娠中

妊娠週&出産カウントダウンの設定

沐浴前の簡単チェック

新生児の沐浴は時間が長引かないようにします。裸でいる時間が長いと、体温調節ができないので新生児の体は簡単に冷えてしまいます。お湯も、いつまでも温かいわけではありません。

スムーズな沐浴をするためにも、事前準備と以下のチェックを忘れないようにしましょう。

ベビーバスのチェック

新生児のチェック

新生児の健康面で不安がある時は、無理に沐浴させずに暖かくした沐浴タオルで拭く程度にします。傷や湿疹がある時も、先に受診して沐浴が可能か確かめましょう。

室内のチェック

季節によっては窓の開閉も、沐浴中はできないので先に決めます。室温設定は季節や地域によって異なりますが、新生児を裸にしても寒くない温度設定にします。

室温に関しては、あまり規定にとらわれずに、25度でも寒いと感じる地域ではもう少し高めの設定にしましょう。ただ、暖房で温めすぎると部屋が乾燥します。沐浴後は濡れたバスタオルを室内に干す等して、乾燥を防ぎます。

親が気を付けること

爪は短く

新生児の沐浴をする時は、お世話する側も清潔に準備をします。特に赤ちゃんの肌はデリケートで、大人よりも皮膚が薄いのが特徴です。爪は短く、アクセサリー等で傷付けないようにします。

沐浴中に咳が出たり、電話が鳴ると焦ってしまいがちです。新生児は首もすわっていないので両手で支えながら沐浴することが絶対です。焦って片手で電話を受けてしまうと、赤ちゃんを支えるバランスが崩れて危険です。沐浴中は留守電機能を使いましょう。

沐浴中の電話と同じように、家族がいない時の沐浴で玄関のチャイムが鳴った時も焦りがちです。濡れた裸のまま新生児をねかせておくと、すぐに体が冷えてしまいます。自分で対応法を決めておくと焦りません。

\ Pic Up /