妊娠報告投稿も募集中!

妊娠できたよ! ばにさん

顔
名前 ばに
ねんれい 32
結婚期間 7年
ベビ待ち 4年
不妊原因
原因不明だったが、体外受精をして始めて受精障害だと判明。
不妊治療 約3年
陽性反応
4w0d
胎のう確認
4w6d
胎芽確認
5w6d
心拍確認
6w6d
報告日
15/01/15

治療方法

卵管通水、卵管造影検査、フーナーテストをしながら、タイミング1年。

フーナーテストの結果が毎回あまり思わしくなく、人工受精へ。

人工受精5回するも、全て陰性。

体外受精にステップアップして採卵1回、移植2回目で初めて陽性になる。

妊娠までの過程

結婚して3年目までは旦那がなかなか子どもを欲しいと言ってくれず、自己流でタイミングを調べたり、近所の産婦人科でちょこちょこ排卵日を見てもらっていましたが妊娠する気配はなく、周りの友達がどんどん妊娠していくことにストレスを感じ始めていました。

何とか旦那を説得し、本格的に治療を始めようと不妊治療専門の病院へ転院。

その時はまだ20代だったことや、旦那にも私にも大きな問題が特に見つからなかったので、先生も「焦らなくてもいいと思うよー。」とのんびりしてました。

しかし、人工受精を5回やってもかすりもしない事や30代になったこと、AMHの検査結果が少し悪くて気になったもあり、体外受精に踏み切る事を決断。

初めての採卵で12個とれて卵の状態も良かったが、旦那のをふりかけても1つも受精せず。 その時初めて受精障害だったと判明。

そのままレスキューの顕微授精に切り替えられ、その後無事受精。

受精卵は7つ凍結できて、そのうち5日目胚盤胞のグレード1が2つ、2が4つ、4が1つで、グレード1の2個目を移植した時に無事陽性判定をもらうことができました。

妊娠の症状

1回目の移植がダメでものすごく落ち込んだこともあり、簡単にはできないんだと諦めて、かなり力を抜いて2回目の移植に臨みました。

なので、妊娠しているとは思いもせず、仕事に遊びにかなりアクティブに動いていて症状にあまり気が付きませんでした。

基礎体温をつけていたが、ずっと36.5から36.8の間をウロウロ。特に上がりもしないので、またダメだったかと諦めていました。

気をつけたこと

ルイボスティー飲んだり、体を冷やさないように気をつけたり、大好きなジュースやチョコレートを控えたり、葉酸飲んだり、高い漢方薬買って夫婦で飲んだり、旅行で子宝スポットに行ったり・・・。

不妊に効くと言われるものはたくさん色々試しました。結局どれが効いたかわかりません。

でも1回目の移植のときは凄く気をつけて過ごしたけどダメだったので、2回目のときはかなりやさぐれてチョコレートもジュースも好きなだけ食べたり、たくさん出掛けたりして好きなように過ごしてました。

メッセージ

グレードの良い受精卵を移植すれば、すぐに妊娠できると思い込んでいました。(実際先生にも1回目の移植の時にかなり良いことを言われていたので、甘く考えていたところがありました。)

しかしそれがダメで本当に今までで一番落ち込み、たくさん泣きました。自分は母親になる資格かないのだろうかと真剣に悩み、養子縁組まで考えていた矢先の妊娠でした。

不妊治療はホントに辛く、届くかもわからない光を目指してずっと暗闇を歩いているようなものです。でも私は治療を続けていないとこの子に巡り会うことは絶対にありませんでした。

何度も泣いたことや悩んだことは決して無駄にはなりません。妊娠を望む皆さんにコウノトリが一日も早く訪れることを切に願います。