e-妊娠top 学資保険 e-妊娠

学資保険 e-妊娠

赤ちゃんと手

妊娠週&出産カウントダウンの設定

[学資保険って?]

学資保険とは予め契約した保険料を支払っていく事で、子供が成長した将来、教育資金を受け取ることが出来る保険です。 子供の教育課程では進学時や受験時にまとまった資金が必要になります。その時期を満期に設定すると、教育費用の補助金として受け取る事が出来ます。(例:こども保険:子どもが一定の年齢になったとき、祝い金や学資金などが受け取れて教育費の準備ができる保険です。契約者死亡後は払込免除の保障もあります。)

こども保険

学資保険の中には、教育費用の為だけでなく、契約者と被保険者(子供)の万が一の場合に備えた保障付きもあります。子供が怪我や病気にかかった時も規定の給付金がおりる学資保険もあり、医療保険も兼ねて契約する方も多いようです。

[学資保険の目的]

[学資保険のメリットは?]

[学資保険の受取人は?]

学資保険の契約者は保護者である両親(父親ないし母親)で、受け取り人は子供という契約が一般的。

[契約者が死亡したら学資保険はどうなるの?]

契約者が死亡しても満期金は子供に支払われます。例えば父親が契約者で、受け取り人が子供だった場合、父親の死後は保険会社が支払いを代わって、契約通りに満期日には満期金が支払われる仕組みです。これは、学資保険に加入している子供だけの強い味方です。

[学資保険はいつ入るの?]

早い家庭では子供の出生とともに保険を契約しますが、年齢に関係なく大人同様の保険料の支払がある為、割高に感じることがあるかもしれません。でも、早く加入すれば支払回数が増えて、1回の負担は軽くなります。 学資保険は子供の高校進学や大学進学に合わせて契約するので保険料の払込期間と、満期受け取り年齢が確定しています。満期年令は決めることができるので、もしも私立受験などの計画があれば、早い段階から入った方が安心です。

幼稚園から大学まで、すべて公立に通わせても、かかる教育費は814万円。 公立小学校に通わせていても1年間にかかる教育費は、30万円を超えています。 子どもが生まれたら、早めにマネープランを立てることが必要。

[日本人は教育熱心]

文部科学省の21年度「各学校段階による教育負担をめぐる割合」によると、日本の幼稚園では私費用負担の割合が、世界的にも高いそうです。つまり、ほとんどの家庭が幼稚園入園時から子供に多くの教育資金の必要性を感じる熱心さを持っているのです。小中学校は義務教育の為、公立では授業料や教科書は無償支給されます。しかし私立に通わせる場合は、教育資金がより必要とされます。また、私立の場合は通学にかかる交通費などもかかるので資金計画は早い段階から必要です。

[子供1人につき1,000万円時代]

子供が成人するまでに最もお金を費やすのは教育費です。 子供が幼稚園から大学卒業までにかかる費用は「1人1,000万円」と、よく言われています。 ちょっと凄い金額ですが幼稚園から大学までオール私立だと2,000万円が目安になります。 オール公立だったとしても約800万円はかかる計算です。 ちなみに2人兄弟の場合は単純計算で800万円が2人で1,600万円。

[習い事は月1万以上]

2008年10月、となりの芝生編集部による、25~50歳の母親に聞いた、子どもの学習塾以外の習い事にかかる1ヶ月の費用の統計によると、7割近い子供が学習塾に加えて更に習い事をしている事が分かりました。最も多い金額は1万円~1万5,000円という結果からも、学校以外でも教育資金がかかる事が分かります。

[小学校受験、いくらかかかるの?]

[中学受験、いくらかかかるの?]

中学受験は少なくとも200万円はかかるようです。

それ以外にも、交通費、軽食代、受験用の服一式などもありますね。塾は遅い時間になりがちな為、携帯電話を持たせる事もあります。

[高校進学率は98%]

幼稚園の年少から入園して、4年生の大学を卒業するまで、教育期間は19年にもなります。文部科学省の「学校数の推移」によると、昭和50年辺りから現在に至るまで、幼稚園数は非常に増えている状態です。同じように大学も過去10年で短期大学よりも増えています。

この事からも、現在の日本では幼稚園から4年制大学までを教育課程とみなす風潮になっている事が分かりますね。義務教育が終了しても、現在の日本の高校進学率は98%に達している為、受験をして中学校卒業後は高校進学する流れが一般的になってきていますね。最近は高校の授業料滞納による問題もニュースになるなど、教育資金の準備の大切さが分かります。

[大学は最もお金がかかる時]

私大入学時には60~100万円の最低限納入額があります。 大学4年間では少なくとも私立文系でトータル約700万円、理系800万円はかかります。 他にも美術造形や音楽を学習する場合は、それなりに揃える教材もありますね。 子供の興味のある分野に優れた学校が、家から離れた地域なら教育費以外にも住居の準備も必要になります。

[どうして大学に進学するの?]

少子化といえども、就職時の最終学歴による格差視も未だにある為、子供よりも両親が大学進学を勧めることも。 最近は「社会人大学生」という言葉も耳にするようになりました。これは教育課程を修了して社会に出た人間が、再び教育課程に戻ることです。会社に勤める傍ら、夜間は大学の講義にも出席するなど、社会人になっても多種多様化する環境には常に学ぶことが必要なのでしょう。

[学費は簡単に下がりにくいもの]

文部科学省の調査によると、平成21年3月31日の時点で、私立高校の授業料滞納者数は9,000人を超えました。生徒からの相談件数で最も多い内容は、授業料滞納と分割支払いの相談だったそうです。経済状況によって生活に密接した物価は上がったり下がったりしますね。しかし授業料は経済状況に合わせて簡単に変わる事はあまり無いのが実情。どこまで教育資金を用意できるかが親にとっては悩みどころではないでしょうか。

[こんな学資保険には気を付けて]

最近の学資保険は教育資金の貯金目的以外に、医療保険も目的とした総合的な子供の保険と考えられているようです。稀に、保険の名前は「学資保険」でも契約内容が子供の生命保険になっている事が。つまり、学資保険とは名ばかりでメインの保障は子供の死亡時に支払われるというものです。本当に保障が必要となる時期、金額、範囲をきちんと見極めえた上で、自分にあった保険を選びましょう。

[どんな学資保険を選べばよいの?]

本当に子供の助けになる保障なのか考えてみましょう。他にも、満期になってからでは遅い確認事項や早期に決定しなければならない契約事項があります。納得して保険と付き合う為には、各保険会社の営業ではなく、様々な保険を公平に判断できる保険の専門家にアドバイスを受けるのも確実な方法です。

妊娠、出産のための保険に戻る→

\ Pic Up /