e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2010年 うさぎどしさん

子宮卵管造影検査2010 うさぎどしさん

赤ちゃん見えるかな
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

顔アイコン
  • おなまえうさぎどし
  • ねんれい34
  • 治療期間4ヶ月
  • 検査費用6100円(2日分)

卵管造影検査を受診するきっかけ

子宮内膜症持ちで、チョコレートのう胞のため腹腔鏡手術し、2年経過しても妊娠しないので、定期的に経過観察で行ってる病院に不妊検査をし、その数ヶ月後に恐怖の卵管造影を受けてきました。

卵管造影検査の進行と感想

私は2日かけてレントゲンを撮りました。1日目は、食事は朝食だけ取るように言われてました。そして午前中に軽い頭痛があったので酷くならないようにということと、病院で痛み止めをもらえないような感じだったので、気休め程度に市販のイブプロフェンの鎮痛剤を11時頃飲んで挑みました。

午後2時からの撮影だったので、30分前にお腹の動きを抑える注射を打ちました。その時に看護師さんに痛み止めの催促をしたところ、個人差があるので基本的にお出ししてません、と言われてちょっとショックを受けました。

検査着に着替え、レントゲン室に入ると、器具を入れたり実際に操作する方、その方に指示する方、レントゲンを撮る方と3名いらっしゃいました。

撮影台に乗り、器具を入れ、チューブを入れ・・・レントゲンの機械から反射して少し見えるんですけど、見たら恐怖心が強まりそうだからある程度で止めました・・・。

器具を入れる時は、ちょっと違和感というか痛みというか、そんなにきついものではありませんでした。造影剤の注入時も軽い生理痛並み。途中でレントゲン技師さん(?)が吸引かけん引とおっしゃった時に、操作される方が子宮内の空気を一気に引っ張り出した感じがして、痛かったです。

それと器具をぐるりと回転させたような時が痛かったですが、血の気が引くような痛さでもなく、一瞬なので耐えられる感じでした。検査時間は10分くらいだと思います。器具を外して、最後の消毒が思ったよりヒリヒリと痛かったです。でも1分くらいするとすーっと引きました。

その日にレントゲンを見せていただき、卵管はちゃんと通っていて、異常はないと言われてホッとしました。抗生物質を2日分もらい、1日目は終了。

2日目は、撮影前に子宮の入り口に目印となる器具を入れてもらい、撮影しました。結果は造影剤がキレイに散らばっていて問題ないですということで、とても安心しました。その後、入れた器具を取るときに、お医者さんが最後に気を抜いたのか、ちょっと痛かったです。

検査して4日経ちましたが、そのちょっと前から緊張してたのか胃腸の調子が微妙で、検査2日目から下痢が続いたり、食欲が無かったり、体がだるかったりで、造影剤の影響なのか、ただの季節の変わり目の体調不良なのかわかりません。

今後の人へのメッセージ

子宮内膜症なので、詰まってたら痛いとネットで読んでビクビクしてましたが、結果は問題なくて、そして思っていたよりは痛くなかったので受けてよかったです。

病院で出してくれない可能性もあるので、気休めに鎮痛剤飲んでおくといいかもしれません。個人的には子宮体癌検査のほうが痛かったです。

本当は4ヶ月位前にこの検査をうけるはずだったんですが、大きな病院で診てもらっていたため、毎回違う先生でその先生によって言うことが違い、話が進まないまま月日が経っていまい、やっと検査を受ける事ができました。紹介状を書いていただき、近々転院することを考えています。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /