e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 よしきさん

子宮卵管造影検査 よしきさん

赤富士
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえよしき
  • 年齢27
  • 治療期間1ヶ月弱
  • 検査費用4000円

卵管造影検査を受診するきっかけ

不正出血がキッカケで通いはじめた婦人科。本格的な子づくりはまだでしたが、不妊専門病院だったこともあり、せっかくなので一通り検査することに。

卵管造影検査の進行と感想

検査着に着替え、内診台へ。いつも以上に台が高くなり、器具を挿入。子宮の入り口が硬いらしく、悪戦苦闘されているのがカーテン越しに伝わってきました。

冷や汗と共に、今までに味わったことのない強烈な生理痛と子宮口を刺すような痛み。「ふ〜」と息を吐いてください!と言われましたが、呼吸の仕方もわからない状態でした。

ようやく準備ができ、フラフラになりながらも看護師さんに支えられてレントゲン室へ。下半身に力が入っていた為、腰が砕けそうなのに1mくらいの台に踏み台を使って昇りました。

そして撮影開始。左は、キレイに通っているとのこと。
右は若干狭いらしく、体の向きを変えたり、造影剤に圧をかけたり。
なんとか通していただきました。コレがまた「イテテテ・・・」という感じ。

しかし検査後は痛みもウソのようになくなり、病院を出てそのままバイキングへ。
少量の出血は2日後に止まりました。

今後の人へのメッセージ

なんとか両卵管が通ったので、治療という意味でも良かったです。
かなりビビっていたのが、器具挿入に影響したのではと今では反省しています。

その後卵胞チェックでは詰まっていた右が大きく育っており、本当に造影検査をしておいて良かったと思いました。フーナーテストの結果も非常によく(50〜60匹)、タイミングもバッチリとのことなので期待したいと思います!

不妊で悩んでいる友人にも、卵管造影検査をオススメしているところです。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /