e-妊娠top 不妊治療と不妊症 不妊検査一覧 卵管造影検査体験談 チューリップさん

子宮卵管造影検査体験 チューリップさん

くるまって眠る赤ちゃん
妊娠できたよ!
妊娠できたよ!

年齢など絞り込みでるようになりました。苦しみを乗り越えた人たちの妊娠報告...

  • おなまえチューリップ
  • 卵管検査までの治療期間1ヶ月弱

卵管検査体験談

初めて病院へ行ったのが生理が終わってすぐだったので、予約をとれば時期的に卵管造影検査が出来るということだったのですが、仕事で都合がつかず一周期延ばしての検査でした。

事前に渡されていた検査の説明書に、前食は軽食程度にする事、排尿を済ませておく事などが書かれていました。食事は、病院によっては絶飲食のところもあるようですが、私が通っている病院では、空腹だと気分が悪くなってしまう事があるので軽食程度にという事と、脱水症状になると困るので水分はたくさん取って良いとの事でした。

当日は15時の予約で、受付とトイレを済ませドキドキしながら待っていたのですが、結局1時間位待たされ、雑誌を読みながら気を紛わしていました。

ついに診察室に呼ばれ、上着(キャミソールとブラは付けたまま)と下は全部を脱ぎ半袖のワンピースのような検査着に着替えました。まずは、内診台で膣の洗浄をしました。何か長いものを入れたり出したりしてる様で、少ししかめっ面になる位の痛みがありました。その後、レントゲン室に移り台の上に寝ました。看護婦さんが腰から下にタオルケットを掛けてくれて、検査着を腰までまくって膝をたて足を開いた状態で、ついに検査が始まりました。

その後は、何をしているのか目で確認することは出来なかったので、たぶん下記のようなことをしていたと思います。(参考にならなかったら、ごめんなさい。)

先生が「始めるよ」と言い、膣鏡で広げられ、何か器具を入れているようでした。「ちょっとひっぱるよ」と言わた後、刺すようにズキズキした激痛があり、思わず「う゛うっ」と声を上げてしまいました。先生は「大丈夫?まだひっぱってるだけなんだけどなぁ」と言っていましたが、私は、何をひっぱっているんだという不安と激痛がありながらも、途中でやめられては困ると思い「大丈夫です」と言いました。(ネットで調べたところ、器具が入りやすいように、子宮をひっぱってるそうです。)

その後、造影剤を入れたようで、更に強い痛みが走りました。検査前に、看護婦さんから「呼吸を大きく吐くと、楽だよ」と言われていたので、ずっと呼吸を大きく吐いていたのですが、あまりの痛さに冷や汗が出て、気が遠くなりそうになっていた私を見て、看護婦さんに「無理に呼吸しなくてもいいよ」と言われてしまいました。

なんとか、造影剤(油性10ml)を入れ終わり器具もはずしてもらい、そのままレントゲン台に寝て15分待ちました。膣に入れていたガーゼ(結構長い)をとってもらい、レントゲンを撮り、着替えて結果を聞きました。

結果、両方とも卵管が細く(つまり気味)、造影剤がだいぶ出て来てしまったけど、レントゲンでは両方とも通っているから大丈夫との事でした。

検査後当日は仲良し禁止で、菌が入ってしまったかもしれないので抗生物質を2日間飲むこと、お風呂はシャワーのみとの事でした。出血は、おりものに混じって少しだけありましたが、翌々日には止まっていました。

費用は、検査¥4.730と抗生物質(1日3回×2日分)¥430でした。

メッセージ、感想

私の場合、痛み止めの座薬無しで油性の造影剤を使った上に両方とも卵管が詰まり気味だったので、かなり激痛がありましたが、なんとか耐えられました。(出産とは比べものにならないんだろうなぁ・・・)痛みと引き換えに、詰まりがとれてゴールデン期間(6ヶ月)をゲット出来たので、やって良かったと思ってます。卵管が詰まり気味だったのを知らなかったら、タイミングだけでかなりの期間を過ごしていたかもしれません。

痛みには、だいぶ個人差があるようで、ほとんど痛みがない方もいらっしゃるようです。悪い所があれば、早く見つかった方がいいですし、結果が大丈夫なら、それが安心材料のひとつにもなると思います。これから、検査を受けようと思っている方、不安はあると思いますが、頑張って下さい!

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /