e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2008年 みかりんぐさん

子宮卵管造影検査 みかりんぐさん

ご利益のある桃
妊娠できたよ!
妊娠できたよ!

年齢など絞り込みでるようになりました。苦しみを乗り越えた人たちの妊娠報告...

  • おなまえみかりんぐ
  • 年齢29
  • 治療期間2か月
  • 検査費用6000円弱

卵管造影を受診するきっかけ

結婚して1年半経った頃、(本格的に子作りを始めてからは8カ月ほどだったのですが)なかなか子供ができず、何か問題があるのかも??と考え始めてました。そんなころ、旦那と共通の友人夫婦に結婚3ヶ月で妊娠発覚!

それを聞いて、旦那から検査してみようか?と言われました。私もちょうど悩んでいたので、病院に行くことにしました。まずはホルモン検査とタイミング療法。ホルモン値は良好。たった1ヶ月のタイミングでしたが、できなかったので思い切って卵管造影させてくださいとお願いして次の周期に検査しました。

卵管造影検査の進行と感想

検査当日の食事制限等はありませんでした。 14時50分に集合で同日に検査の方たちと一緒に簡単な検査の手順の説明を受 けて、順番に内診台にてカテーテル装着。

器具固定→消毒→カテーテル挿入→バルーン膨らます→チューブテープにて太ももに固定この時点ではバルーンの違和感が多少あるかなぁ?という程度で痛みはなし。「もう入ったんですか?」と聞いてしまったくらいでした。

外に出ているチューブがももにあたって歩きにくかったのですが、自力で2フロアー上のレントゲン室にエレベーターで移動。早速、造影剤注入。モニターは先生にしか見えない角度だったので、先生が実況中継してくれながらの検査でした。

先生「今子宮に流れてますよぉ」
全く痛みなし。
先生「ん???卵管が出てこないなぁ。。。」
このころから痛み発生(><)
先生「あぁ、右側出てきたねぇ」
私「痛い…かも…」
先生「これはね、「かも」じゃなくて痛いよぇ」

痛みがピークで両腕で顔をおおってなるべく深い呼吸を試みましたが、やっぱり痛いものは痛い(泣)痛すぎて腰を浮かしたい衝動に駆られましたが、なんとかなんとか我慢しきりました!

先生「左も出てきたけど、おなかに散らばっていかない…あぁ出てきた出てきた。もうちょっとだから我慢してね」と、全部造影剤を注入しきってカテーテルをはずしました。外したら、驚くほど楽になりました。でも、立ち上がったら足ががくがくしてました。。。1時間ほど外で散歩して、造影剤をお腹に散らばしてもう一度撮影。

検査の結果は…卵管は通りにくくなっていたけど、今回の検査によって通りやすくなったので問題なし。ただ、おなかに綺麗にばらばらに散らばるはずの造影剤がお腹の一部で固まってしまっていました。。。もしかしたらどこかの臓器が癒着しているかもしれない。とのことで多少の不安は残りますが、

卵管は通りやすくなったし、深い追求をするとなると今度は腹腔鏡での検査になるからそこまで大ごとにしなくても平気でしょう。との見解でした。先生にもこれから半年くらいは妊娠しやすくなってるから、頑張ってくださいね!と心強いお言葉をいただきました♪

蛇足ですが。。。カテーテルを抜いた後に止血のため、ガーゼを膣の中にいれた のですが、これは自分で抜かなきゃいけなくて。。。抜いてびっくり!! こんなに入るの??ってくらい大きなガーゼが入ってました(><)

今後の人へのメッセージ

痛いという情報がたくさん出ていて、検査にためらいを感じている方も多いかと思います。実際私もそうでしたから。でも、受けたほうがいいと思います!!私は、検査で卵管がつまりかかっていたのが、卵管造影検査は治療も兼ねているので、卵管が通り私はこれで妊娠しやすくなりました。(まだ妊娠したわけではありませんが)

それに、これまでタイミングは合っているはずなのに子供ができないことに不安やストレスを感じ続けていたのですが、検査で今までの不妊の原因もわかりったので気分が晴れました。痛みは人それぞれですし、痛いと言っても陣痛やお産に比べらた全然軽いはずです。そう思えば、前向きに検査に向かえるはずです!!

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /