妊婦のおりもの事情

妊婦のおりものの色と量は?臭いはする?人に聞きにくい妊娠中のおりもの事情をやさしく説明します。

おりものとは

おりもの

おりものとは、子宮や子宮頚管(しきゅうけいかん)の不要な分泌液や、皮脂腺や汗腺の分泌液が混ざってできるものです。

女性の子宮は自分で子宮をきれいにする働きがあり、分泌液を出して不要物を流そうとします。その流れが膣に向かって子宮頚管を通るときは、子宮頚管の壁の汚れも流します。子宮からの分泌液が膣に向かうと、汗腺や皮脂腺からの分泌液も混じって膣から排出されます。

おりものには子宮から膣までの汚れや不要物を洗い流すと同時に、膣周辺にいる雑菌も流してしまう自浄作用があります。だから、おりものが出るのは膣の自浄作用がしっかり働いているサインでもあるのです。

妊娠中のおりもの

白~クリーム色

妊娠すると無色透明だったおりものに、ほんのり色がついて白~淡いクリーム色に変化します。妊娠すると変わる理由は、女性ホルモンの変化に影響されるからです。

妊娠初期は茶色や赤色がほんのり混じっていることがあります。子宮内で着床時の出血があったときに、おりものに混じってしまったのでしょう。少量が1回だけで体調が良ければ問題ないけれど、続いたり真っ赤なおりものが出たときは病院に相談してください。

臭い

おりものは、膣内の酸の影響で甘酸っぱい臭いがします。妊娠初期のおりものの臭いは目立ちませんが、妊娠前のように甘酸っぱい臭いがします。

妊娠後期になると膣がだんだん柔らかくなってお産に備えるので、おりものの量も増えます。おりもののついた下着をつけていると、そこから雑菌が繁殖したり肌を痛めることがあるので気をつけてください。

おりものの量は人それぞれ、個人差があります。健康でも少量しかでなくて目立たない人もいれば、多くて下着が汚れやすい人もいます。おりものは女性ホルモンの影響を受けるので10代は不安定、20~30代は量が安定して徐々に減っていきます。

妊娠中は子宮の赤ちゃんを守るために、膣からの雑菌侵入にたいするガードがいっそう強化され、おりものも多量になります。

おりものの不快感

おりものおりものはだいたい初潮を迎える頃から始まるので、妊婦にとっては長い付き合いの途中です。でも、下着が汚れたり臭いが気になったりと困ったこともあるでしょう。

妊娠中もおりもので下着がベタベタしたり、洗濯しようと置いておいた下着がパリパリになってしまうことがあります。これは、おりもの中のたんぱく質の影響です。こまめに交換しないと、下着に残ったおりものに雑菌がついてしまいます。

妊娠中は粘液状のおりものがサラサラ水っぽくなるので、ベタベタ感が苦手だった人は不快感が少し和らぎます。

おりものシート(パンティライナー)

妊娠中も不快なおりものの量が気になるときは、おりものシートがおすすめです。商品によっては「パンティライナー」と書いてあります。おりものシートは生理用ナプキンよりも薄くて、おりもの程度の汚れを吸収する働きがあります。厚みがないので違和感を感じにくく、普段から使っている人もいます。

妊娠中におりものシートを使うときは、肌への影響を抑えるためこまめに交換することが鉄則です。素材によっては肌が赤くなったりかぶれる可能性があるので、布製おりものシートもおすすめです。洗って再利用できるので経済的だし、自分の好きな生地で作ることもできます。

関連ページ:妊娠中のおりものシートを使った感想






あわせて読みたい