e-妊娠top 妊娠中よくある質問 妊娠中の虫歯ケア

妊娠中の虫歯ケア

妊娠週&出産カウントダウンの設定→

妊娠すると虫歯になりやすいって本当?妊娠中の虫歯対策、虫歯を見つけた時の対処方法。

妊娠中の虫歯原因

妊娠中に虫歯が見つかると、妊娠症状のひとつかと思われがちですが妊娠したから虫歯になるわけではありません。妊娠すると虫歯菌が増殖しやすい口内環境になることが原因です。普段の口内はアルカリ性で保たれていますが、妊娠すると酸性寄りに傾きます。酸性になると虫歯菌が増殖しやすくなります。

妊娠すると赤ちゃんが胎内で育つために母体のカルシウムを奪うから歯がもろくなる、という説も聞きますが、赤ちゃんのせいで歯がもろくなるのではありません。妊娠中は体や子宮の変化だけではなく、口腔内にも変化があると考えて対処していきましょう。

歯ブラシは小さめがおすすめ

妊娠中はつわりの影響で、歯ブラシが喉の奥にあたると吐き出したくなる不快感があります。歯磨きのために大きく口を開け続けるのも不快です。不快感が重なって歯磨きが嫌いになったり、適当に済ませるようになる人もいます。

歯ブラシの不快感を減らすには、小さめヘッドの歯ブラシがおすすめです。大人用の歯ブラシなら小さめヘッドや隙間用、つわりで歯ブラシ自体に嫌悪感があるときは子ども用も試してください。

間食後もマウスウォッシュ

妊娠中はつわり症状の一種で、間食を増やしてちょっとずつ食事をするほうがラクな時期もあります。そのたびに食べかすや虫歯菌の餌となる糖が歯の隙間に残ってしまうので、歯磨きは間食のたびに必要です。つわり期で歯磨きが苦痛なときはマウスウォッシュを併用してみましょう。商品によっては「デンタルリンス」と表記しています。妊娠特有の口内のネバネバもすっきりします。

妊娠中のマウスウォッシュは虫歯予防や歯の清潔だけではなく、つわりの不快症状の軽減にも役立ちます。マウスウォッシュのミントの強さには好みがあるので、いくつか試してみましょう。

歯間ブラシとデンタルフロス

妊娠中の歯磨きは、しっかり磨いたはずでも歯と歯の間にプラークが溜まっています。プラークが除去されないまま虫歯菌の餌となって隙間虫歯がうまれます。歯と歯の間には歯間ブラシやデンタルフロスが効果的です。鏡をみながら歯肉を傷つけないようにゆっくり始めてください。もしもひっかりがあるときは、虫歯や歯石の可能性もあります。早めに歯科医に相談してください。

はじめて歯間ブラシやデンタルフロスを使うときは、歯科でも指導をうけることができます。使い分けの目安は歯と歯の隙間が広い部分は歯間ブラシ、細い糸しか入らなそうな場所にはデンタルフロスが適しています。

妊婦歯科健診のすすめ

妊娠中に歯の異常を感じたり、歯茎の腫れや出血を見つけたら歯科に相談してください。妊娠中だから治療ができないということはありません。妊娠中で歯の痛みや歯茎の腫れを見つけたら、我慢せずに歯科に相談してください。通常よりもゆっくりペースの治療になるケースもあります。体調の安定する妊娠中期までには治療を進めてください。

虫歯や歯茎の異常が見つからなくても、妊娠4~5ヶ月頃の体調のよい日に妊婦歯科健診をうけることをおすすめします。自治体によって指定医療機関なら自己負担なしで健診を受けることのできる案内があります。痛みや腫れがなくても妊娠中の口腔チェックも兼ねて受診してください。

妊婦健診では虫歯や歯茎のチェック以外にも、妊婦の口内のネバネバ対策や歯磨き指導を受けることもできます。産後は歯科に行けない日が続くので、妊娠中に指導を受けておくと安心です。

\ Pic Up /