妊娠報告投稿も募集中!

妊娠できたよ! 柴子さん

丸投稿も募集中!

顔
名前 柴子
ねんれい 40
結婚期間 3年4ヶ月
ベビ待ち 3年2ヶ月
不妊原因
原因不明
不妊治療 2年9ヶ月
陽性反応
4w4d(フライングなし、クリニックにて)
胎のう確認
4w4d、胎嚢2~3mm
胎芽確認
5w4d、胎嚢18.8mm、胎芽エコーで確認
心拍確認
6w4d
報告日
17/11/21

治療方法

タイミング(通水検査2回)
→ 人工授精 7回
→ 体外受精(顕微)1回

妊娠までの過程

37歳になる歳で結婚。

本当に無知で、その歳まで「避妊しなければすぐに妊娠する」と思い込んでいました。けれど何度も生理が来て、、、

半年して初めて不妊専門のクリニックへ。

初めての通水検査が辛く、しょっぱなから治療の辛さに心が折れそうになりました。

その上クリニックの設備や治療方針、スタッフが自分に合わなかった為、通水検査1回だけして、早々に転院しました。

新しいクリニックで治療再開。

タイミング指導でどうにもならず(中国製の安い排卵検査薬をネットで買い自己流でもタイミングみてました)、人工授精をするもかすりもせず。

気がつけば7回も失敗していました。 これまで検査薬の陽性反応は一度も出ませんでした。

人工授精を何度も失敗するうち、自分は「ピックアップ障害なのでは?」と思うようになりました。どうも受精すらできていないような気配、、、。

そうこうしているうちに40歳になり、夫と相談し体外受精へ踏み切ることに。(決断、遅いですよね)

クリニックの院長先生に「7回は引っぱりすぎたね~」「でもぜんぜん大丈夫、2人はいけるよ~」と言われました。

先生のこの言葉でとっても前向きになれ、さすが有名クリニックの人気の先生だなと思いました。 ※京都の某有名不妊クリニックです。

初めての採卵。

19個とれ、そのうち14個受精、6個が胚盤胞になりました。 (5BB、5BB、4BB、4BB、4BB'、4BB')

麻酔がうまく効き、痛みはまったくありませんでした。

※このタイミングでシフトで働いていた仕事を辞めました。 周りにかける迷惑に対するストレスを思えば、この決断は良かったと自負。

初めての移植。

膀胱に尿をためて行かないといけないところ、移植当日下痢ぎみで、、直前にトイレに行ってしまいました。

尿があまり溜まっていない旨伝えると、先生が尿道から管を入れパンパンにしてくれました。(ちょっと痛かった;)

移植直後はベッドに寝て安静にするのかと思ったら、「すぐ帰ってもいいですよ」と。翌日も自宅で普通に仕事をしました。(やや力を使う仕事)

そしてなんと顕微授精 1回で成功。

フライング検査をしていなかったので、クリニックの尿検査で先生に「妊娠反応出てますね」と言われた時は、夢かと。何回か移植する気でいたのでなおさら。

その日に小さな黒い胎嚢が見え、信じられずふわふわした足取りで帰宅しました。(ここからまた不安の日々が始まります、、)

本日、6w4dで心拍確認ができ、とりあえず一安心です。 まだまだ安心しきれませんが、お腹に宿った待望の第一子を大事に育てたいと思います。

本当に、腕のいい先生にみてもらえたことに大感謝です。 スタッフさんも皆さん素晴らしいです。培養士さんも! まだ凍結している受精卵があるので、兄弟も作ってあげたいなと思います。

妊娠の症状

BT1(移植後1日、D22)軽い生理痛のような鈍痛
BT2 頭痛
BT3 おならがすごく出る、頭痛、骨盤にやや違和感
BT4 午前3時くらいに尿意で起きる、骨盤に違和感、おなら

BT5 下腹部痛、おなら
BT6 下腹部膨満感
BT7 眠気、お腹の張り
BT8(4w0d、D29)卵巣辺りが引きつる感覚、膝の関節痛

BT9(4w1d、D30)明け方に子宮がシクシク痛む、骨盤や関節に違和感、胃がキリキリ、整髪料に匂いにウッ!となる

BT10(4w2d、D31)★生理予定日★夜中子宮がキューっと痛み起きる、胃痛、太腿裏が筋肉痛、足の付け根の痛み

BT12(4w4d、D33)終日お腹の張り感、疲れやすい、眠気、胃がムカムカ
BT13(4w5d、D34)気持ち悪さが始まる、立ちくらみ、足の付け根、お腹の張り治まる
BT14(4w6d、D35)★判定日★ 陽性、胎嚢2~3mm

以降~現在 つわりが始まる。
日中車酔いしている様な気持ち悪さ、食事は「食べたいのに気持ち悪くて食べられない」、乳房の張り

気をつけたこと

体を動かす仕事をしているので、日中よく水分を摂ります。 それをルイボスティーに変え、毎日ガブガブ飲んでいました。

他にも体を冷やさない様に気をつけたり、全国あっちこっちの寺社に授かり祈願に行ったり、、、できる限りのことはしていましたが、全く、成果が出ずでした。

治療3年近くになり踏み切った顕微受精1回で授かったので、やっぱりピックアップ障害だったのではと思っています。

メッセージ

私たちは治療しながらも「もしも夫婦二人でも、楽しく生きていこうね」と言って、よく旅行に出かけていました。

あまり気負いせず、駄目でも落ち込まず、常に楽しい予定を立てながら過していました。

あなたにも、来るべき日はきっと来ます。 毎日おおらかに、夫婦仲良く過してください。

我が子を望む全てのお母さんお父さんの元に、可愛い命が授かりますよう、心からお祈り致します。