妊娠に関わるよくある質問

丸最新版はこちら→

妊娠できたよ! カピバラさん

顔
名前 カピバラ
ねんれい 33
結婚期間 4年
ベビ待ち 1年2ヶ月
不妊原因 男性不妊(精子の数が少ない、運動率も低い)、子宮内膜ポリープ、黄体機能不全気味。
不妊治療 1年
陽性反応 3w3d
胎のう確認 5w4d、18mm
胎芽確認 6w4d、5.9mm
心拍確認 6w4d
報告日 11/7/3
関連ページ

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、主治医の治療法や方針に対して、他の医師の意見を求めることです。医師によってさまざまな考えを持っているのが現状で・・

治療方法

・タイミング指導6ヶ月。
・クロミッド、HMG注射+タイミング2ヶ月。
・クロミッド、HMG注射+人工授精3ヶ月。
・採卵1回目は異常受精で移植できず。
・採卵2回目で2個採卵。顕微授精し1つを新鮮胚移植、陽性反応。

妊娠までの過程

いざ、赤ちゃんが欲しいと思って子作りを開始するも自分は何となく不妊なんじゃないかという思いが以前からあったので、早々に婦人科を受診しました。

1軒目のクリニックでは、タイミング指導のみでした。1ヶ月でも早く妊娠したいと思っていた私にとっては、全く進展しない治療にやきもきしていました。

先生は「治療を開始してからまだ半年程度なんだから、そんなに焦る必要ない」とおっしゃいました。自分から卵管造影検査をしたい、と申し出ても、「あれはかえって卵管を傷つけてしまったりすることもあるから、ウチでは勧めない」と言われ、全く妊娠できる気配が無かった為、転院を決意。

2軒目のクリニックは、非常にシステマチックに検査や治療が進むクリニックで、自分にとても合っていました。血液検査、卵管造影検査、その他抗精子抗体検査、精液検査、フーナーテストなどなどの検査を行いました。そこで男性不妊が発覚。

精子数が1100万/ml、運動率が8%、ひどい時には3%、とひどい状況でした。そこで人工授精にステップアップ。クロミッドとHGMの注射で卵を育て、人工授精に3回チャレンジしました。

ただ、私が気になっていたのは、上記のような精子の状態では人工授精でも意味が無いのでは、と思っていました。先生からは「自然妊娠よりは確率は上がるし、可能性はゼロではない」と言われ3回実施しましたが、全く妊娠する気配が無かった為、体外受精へのステップアップを考えました。

そこのクリニックでは体外受精も行っており、実績もあるようでしたが、体外受精をする場合には、卵を数多く育てる為に毎日のように注射を打ちに行く必要があると聞き、私はフルタイムで働いているので毎日通院することはとても難しく、どうしようかと悩んでいました。

その時、ネットで体外受精専門のクリニックを見つけ、転院を決意しました。3軒目のクリニックでは、なるべく薬を使わず、体に負担をかけないで採卵することで卵の質を高め、また毎月でも採卵ができることを売りにしている有名なクリニックでした。

私にとっての1番の魅力は、注射を打たないので通院回数が非常に少なく体外受精ができるという点でした。

1回目は1つ採卵できましたが、授精後前核が3つ見られた為異常授精となり、培養中止。また、採卵の際に、子宮内ポリープが発覚。ポリープ切除の手術を行いました。

その後、2回目は2つ採卵でき、2つとも授精、1つを10分割胚の状態で移植、もう1つは胚盤胞まで育てて凍結しました。1回目の移植で幸運にも陽性反応を頂くことができました。

妊娠の症状

排卵後8日目頃から3日間くらい、左下腹部がチクチク、ムズムズしました。

これまでも生理前に足の付け根が痛くなることはありましたが、その際とは微妙に違う、今までに感じたことの無い感覚だったので、妊娠したかも、となんとなく思いました。

体温は元々、高温期でもさほど上がらない方で、36.5〜36.7にいけばいい方でした。

妊娠した周期も最初の7日間は、36.6度前後の体温でいつもとあまり変わりませんでしたが、排卵後8日目に36.8度台に上がり、以降36.8度台をキープ。いつもは生理2日前くらいから下がり始める体温が下がることなく、高いままで安定していました。

また、デュファストンを服用していた副作用かもしれませんが、生理予定日頃にムカムカする感じと空ゲップが出ていました。胸の張りはありませんでした。

生理予定日以降は、猛烈に眠たくなり、夜は仕事から帰ると何もする気がせずにすぐに寝てしまいます。また便秘になりました。6w以降は頻尿になり、またようやく胸が張ってきて乳首が痛いです。相変わらず非常に眠いです。

気をつけたこと

冬は、腹巻き、ホッカイロで冷やさないように。また、大好きだったアイスコーヒーも控えるようにしていました。

サプリメントは、マカを飲み始めたところ、生理周期が狂ってしまい、服用を止めました。ビタミンB、C、E、葉酸、低温期に大豆イソフラボンのサプリメントを服用。

ただ、なかなか効果を感じることができず、不妊治療を開始してからむしろ生理周期がどんどん短くなり、以前は28日周期だったのが、一時期24日周期にまで短くなってしまいました。

体を整える為、不妊専門の鍼灸院へ週に1回通い始めました。すると、生理周期も徐々に元に戻り、生理の血も赤黒い色から鮮血に変わり、また移植の際に子宮内膜も16mmと十分な厚さを維持することができました。

個人的には、1番鍼灸が効いたと感じられました。

メッセージ

不妊治療をスタートして1年、短い方なのかもしれないですが、私にとってはとても長く感じられる1年でした。もう自分が赤ちゃんを授かることなんて、奇跡のまた奇跡なんじゃないかと思っていました。

結局、私は顕微授精までステップアップをすることになりましたが、今となっては、自分が自然妊娠をすることはほぼ難しいことだったと思うので、ステップアップして良かったと思っています。

治療のペースは人それぞれかと思いますが、1日でも早く赤ちゃんが欲しい、と思っている方は早めに婦人科へ行くことをお勧めします。また、病院も合わないと感じたら転院して自分に合う病院を見つけることも大事だと思います。

基礎体温

(+)採卵、胚移植
基礎体温グラフ
BBTデータ
月経サイクル
27日間(5/19〜6/14)
平均体温
36.57度
低温期の平均
36.23度
高温期の平均
36.73度
高低温の温度差
0.50度

丸13日目、排卵検査薬くっきり陽性。
丸14日目、採卵・受精。
丸17日目、新鮮胚移植(10分割)。
丸17日目から12日間デュファストンを服用。
丸22日目、左下腹部がチクチク。
丸24日目、チェックワンファスト陽性。
丸39日目、胎嚢確認。


01日目= 36.3302日目= 36.3303日目= 35.9904日目= 36.0205日目= 36.4506日目= 36.1407日目= 36.2008日目= 36.2709日目= 36.3510日目= 36.3511日目= 36.3412日目= 36.1813日目= 36.0414日目= 36.3415日目= 36.48

16日目= 36.6017日目= 36.6118日目= 36.6319日目= 36.6520日目= 36.5121日目= 36.7422日目= 36.6823日目= 36.8324日目= 36.8625日目= 36.7326日目= 36.8027日目= 36.8128日目= 36.7529日目= 36.8330日目= 36.8031日目= 36.6532日目= 36.7533日目= 36.7934日目= 36.8135日目= 36.7136日目= 36.8037日目= 36.8838日目= 36.6539日目= 36.8040日目= 37.0141日目= 36.7542日目= 36.80