e-妊娠top 妊娠できたよ ロールさん

妊娠できたよ2008 ロールさん

カタバミ
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

顔
  • 名前ロール
  • 年齢33歳
  • 結婚7年
  • ベビ待ち7年
  • 治療約2年

治療方法

・AIH7回(うち2回クロミット使用)
・顕微鏡受精1回

妊娠までの過程

なかなか赤ちゃんが授からず、結婚5年目にしてやっと病院に行きました。不妊の原因を知ることがとても怖かったのです。今となっては、もっと早くに病院に行けば良かったと思っています。原因は男性不妊(運動率が悪く8%〜20%の間をうろうろ)でした。できればAIHで授かりたかったのですが(私には体外は少し勇気が必要でした)上手くいかず、主人のの状態もストレス?からかどんどん悪くなり、顕微受精に踏み切りました。

妊娠の症状

特に兆候がなく、とても不安でした。基礎体温もバラバラであまり高くなかったです・・・。期待は薄かったです。生理予定日の3日前位からOHSSの症状がひどくなってしまい、お腹が妊娠3ヶ月のように膨らんでしまい、息苦しく、床に落ちたものを拾うのも一苦労で、主人もビビッてました(笑) でもHCGホルモンがOHSSを悪化させることがあると聞き、もしかして妊娠が成立したからOHSSが?と少し思いました。

気をつけたこと

基本は食事バランスに気をつけてました。移植後は毛糸の靴下を履いて、足が冷えないようにしてました。治療を始める前はタバコを吸っていましたが、夫婦で止めました。ただ、あまり神経質になりたくなかったので、どちらかといえば自由気ままに過ごしてました。

メッセージ

私は病院の先生に「これだけ努力してるんだもん、いつか赤ちゃんがあなたのところにも絶対来てくれるよ」という言葉に救われました。私の経験が少しでも皆さんの希望になったりすればいいなと思いながら書き込んでいます。病院に行くことを悩んでいる方、治療は意外と体力勝負です。少しでも体力のあるうちに行ったほうがいいと思います。

妊娠できないことがこんなに辛く(他人の妊娠を素直に喜べない自分の心の黒さを知りました)、治療も体力・精神力・お金をこんなに消耗するとは思いませんでした。でも子供が授かりにくかったからこそ、なかなか経験できないことができたと思います。

きっと何の苦労もなく妊娠していたら、主人のを顕微鏡で見る機会なんてなかったですし、二人の受精卵の様子を見ることもなかったです。どんなに辛くても、一つ一つが貴重な積み重ねです。そして、情報が氾濫する中で、なるべく信頼できる情報を収集して、振り回されないことも大切だと思います。皆さん、こんなに頑張ってるんですからきっときっと赤ちゃんが来てくれますよ!

その他ご自由に

解答なし

\ Pic Up /