e-妊娠top 妊娠できたよ ガーデンイールさん(基礎体温付き)

妊娠できたよ2007 ガーデンイールさん(基礎体温付き)

赤富士
妊娠できたよ!
妊娠できたよ!

年齢など絞り込みでるようになりました。苦しみを乗り越えた人たちの妊娠報告...

顔
  • 名前ガーデンイール
  • 年齢34
  • 結婚9年
  • ベビ待ち6年
  • 治療今回は7ヶ月

治療方法

A病院(2年通院)・・・卵管造影検査(右側不通)、フーナーテスト(やや少なめ、運動率少なめ、AIH3回、体外受精1回(20個中受精0個→顕微に切り替え6個受精するが体調不良のため翌周期凍結胚解凍できず)〜転勤のため転院〜

B病院(1年通院)・・・A病院で受精障害があることはわかっていたが近くにARTの施設を持つ病院がなかっためクロミッドや漢方薬を飲みタイミング治療〜転勤のため転院〜

C病院(現在通院7ヶ月)・・・顕微授精。
生理2日目〜11日目まで点鼻薬(ブセレキュア)
生理3日目〜11日目毎日注射、11日hcg注射。
生理13日目 採卵(26個中分割が進んだもの11個凍結)
生理19日目移植。妊娠にいたらず。卵巣が腫れ、軽いOHSSのため排尿時に痛みあり。

子宮内膜ポリープ切除。自然周期による凍結胚移植は妊娠にいたらず。ホルモン補充による凍結胚移植(胚盤胞、ハッチング)今回は子宮が収縮しないように注射あり。

妊娠までの過程

結婚してすぐの2年間は仕事のため避妊していたが妊娠を望んで三ヶ月ほどで妊娠するも妊娠初期(おそらく4週あたり)からずっと出血があり11週で流産。

心拍も聞こえていたが出血の原因は卵巣が腫れていたため妊娠4ヶ月頃にはしぼむはず、もしそのままなら卵巣脳腫だと診断。具合が悪く何度も病院をたずねたが初期は寝ててもだめだからと止血剤のみの処方で家事などこなしててもよいと言われていた。

でも実際は掃除機をかけたり、洗濯物を運んだだけで出血量は増え、毎日がトイレでの出血量とのにらみ合いだった。なるべく出血させないように安静を心がけたがだめでした。

その後、本やインターネットで調べると出血がある場合は絶対安静が必要と。自宅での安静は家事は最低限、買い物もだめだと。妊娠がわかったときに出血していて「もしかしたらだめになるかも・・・」だれにも相談できなかった。親にも。

たまたま流産したときに親から連絡があり入院してて連絡がとれず、ばれてしまった・・・はじめての妊娠が判明したときの両親への報告が妊娠=流産で慶びから地獄への報告となり散々。

流産した原因(文字化け)早く作らないとね!の駄目押しや最近は子供は?と聞かれるのがいやで自分から子供はいないんですと答えると結婚何年目?と探りをいれられる始末。

流産のことも口外したくなかったのに流産したりして・・・といわないとできないの?と心にもないことを言われ傷ついたり・・・。流産したことを話すとまだ11週でしょー赤ちゃんじゃないわね。などなどかずしれず。

親にも親戚が体外受精でできたみたいよ、あんたたちもさせて来い!など言われ親でさえデリカシーのなさに涙。転勤で思うように治療ができない期間が3年もあったりしたけど何もしないで子供が産めなくなる年齢になるのはいやで不妊治療の門をたたいた。

病院にもいかずただ過ごしていたらあと何年かかったかわからない。自然妊娠から流産したことをきっかけに両親、友人、対人関係からいろんなことを学んだように思います。

妊娠の症状

ホルモン補充による凍結胚移植治療を受けての妊娠です。生理24日目に胚移植。移植してから4日間はチクチクした感じ。生理28日目腰痛、ヘルニアになったかと思うくらい。

生理29、30日目白いおりもの多し、いつも生理前に白っぽいおりものがある。生理4,5日前にある生理痛あり。お腹をわしづかみにしてるような激痛、はきけも。生理32日目水っぽいおりものが半日続き、織物シートを使用。

明日あたり生理だなーと夕食時に旦那のビールを一口飲んだら目が回り起き上がれなかった。天井がぐるぐる回ってた。

生理33日目朝一番のトイレで茶色のおりもの確認、生理だなと思いながらまた次回移植受けるかな?結構お金かかるし旦那はなんて言うかな?と、うじうじ悩んでいたが翌日は判定日だったけど病院で撃沈するよりためしにブルーチェックで尿検査してみようと思い立ち検査。

うっすら陽性。ほぇ〜まさかね。でもちょっとだけ期待しとこう・・・旦那に話すと気休めだなって。判定日に病院で陽性。プラスの出た尿検査キットをおみやげにもらってきた。

4週1日ということでまだエコーには(文字化け)35、36日目は妊娠してるとわかってても今にも生理がはじまるのでは?と思うほどの生理痛がたまにある。でも生理37日目からは下腹のはりに変わった。

34日からおりものが茶だったり少し赤かったり、量は一日に1回か2回確認する程度。前回の流産したときは鮮血だったので妊娠継続できるよう願ってます。

妊娠するために、気をつけたこと

生理が始まると週1、2ペースで豆乳を飲む。排卵時期まで腹筋や運動、温泉なども思いきり楽しむ。高温期に入ったころはなるべくウォーキングもゆっくりで階段も息があがらないようにした。

ストレッチは毎日かかさずがんばった。今もストレッチは伸ばしすぎないように気をつけながらむくみを取っている。

子作りを頑張っている人へ

不妊治療は通い始めてすぐ子供を授かる人もいれば男性不妊で産婦人科で旦那様が病院に通う方もいれば、排卵しずらい人や薬が効かずにいい卵がそだたない人、子宮外妊娠や病気の発見で子宮を失う人、治療途中での体調不良や入院など抱えてる問題はひとそれぞれ・・・目の前の不安を一つずつ払い落としてがんばっていることとと思います。

毎月やれるだけのことはやって、排卵後から生理前までの二週間がとても長いですよね。一日一日は決して無駄じゃないです。いつか自分の胸に赤ちゃんが抱けるはずです。「信じる」を信じましょう!!

お腹に手をあてて温かく感じたらパワーを送ってみてください。血流もよくなる気がします。私は「信じる」ことでたくさんがんばることができました。これを読んでる人はみんながんばっている人だと思います。

その他何でもご自由に

基礎体温は測っていたけれどホルモン補充での凍結胚移植ということもあり多分排卵はしていません。体温からはいつから高温期にはいったか予測できません。

デュファストンを飲んだころから高温期かな。ばらばらでした。一週間後また病院です。今度は胎嚢確認できますように・・・

\ Pic Up /