e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2010年 なつさん

子宮卵管造影検査2010 なつさん

ざくろ
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

顔アイコン
  • おなまえなつ
  • ねんれい28
  • 治療期間2ヶ月
  • 検査費用約3000円

卵管造影検査を受診するきっかけ

ひどい生理不順でした。ひどいときは半年来ず。平均して2?3ヶ月に1回生理があるぐらいでした。しかも、基礎体温を測っていましたが、5回に1回くらいは無排卵と思われる生理でした。生理痛もひどく、痛みで意識を失い救急車で運ばれるほどでした。

18歳くらいから何度も産婦人科に診察に行きましたが、内診で問題ないと言われるだけ。結婚も決まり、相手が自営業の長男なので、妊娠出来ない体だったと分かるのは避けたかったため、赤ちゃんが出来ればと思い不妊治療に踏み切りました。

卵管造影検査の進行と感想

前日までに先生からは検査をしましょうと言われただけで、検査に関する詳しい説明は何もありませんでした。持ち物や体調管理、当日の服装の説明など、まったく説明が無かったです。

色々なサイトで、もらっていた座薬を入れていったとか、検査数時間前から絶食したなどの話を聞いて少し不安でしたが、何も言われませんでしたので、そのまま検査に望みました。

しかし痛みだけが本当に怖かったので、錠剤を検査1時間前に1錠飲んで行きました。病院に着くと何かしら痛み止め治療(座薬や筋肉注射など)があるかな?と思っていた(もしあれば痛み止めを飲んでいるので断ろうと思っていたので)のだけど、まったく無く、家で飲んで来て良かったーと思いました。

施術室に呼ばれ、そこで着ていたズボンとパンツを脱ぎ、タオルで前を隠すような感じでベットに寝ました。そのベットはいつもの診察台(自動で動くやつ)とは違い、普通のベットの足元に足を広げれるような台が付いているだけの物でした。

そこで足を台に乗せ、数分先生が来るのを看護婦さん(2人)と待っていました。その時に「痛いんですよね?」と恐る恐る聞くと、「人それぞれですけど、緊張しない方が痛みは感じませんよ。」と言われ、すでに緊張していた私は余計にビビッてしまいました・・。

そして先生が到着し、さっそく「消毒しますよー。」の声と共にクスコが挿入されました。消毒という言葉にはあまりビビッていなかったのですが、思いのほかそれが痛く感じ(なんだかグリグリ強めに消毒されているような感じ)びっくりしてしまいました。

そして「カテーテルを入れますね。モニターを見ていてくださいね。」と言われ、腰の横辺りにあったモニターを横目で見ました。しかし、そこ辺りから痛みが増し、モニターを見るのを止めてグッと目を閉じていました。

この時点での痛みはたいしたことは無いです。ただ怖いだけであって、全然我慢できる痛みです。「じゃあ造影剤を入れますからね。痛いと思いますが少しの時間だから我慢してね。」と言われ、いよいよ造影剤が注入されました。すると痛みが一瞬にしてピークに!

よく体験談では生理痛のようなとか、下痢のときのようなとかいう痛さの例えを聞きましたが、私の感じた痛みはそのどれとも違い、何ていうか擬音語で表すとするなら「ツーンッ!!」とする痛み・・・本当に細いところに無理やり液が入っていっているのが分かる痛さでした。

「痛い痛い」と声を出してしまいましたが、「あと少しで終わるからね。頑張ってね。」と言われひたすら耐えました。しかし気分が悪くなったりとか、貧血になったりするような感じはしませんでした。

レントゲンはそのまま(私の気づかない間に)撮影していたようでした。(そのベットに寝たまま撮影可能だったようです。)「はい、終わったよー。」の声と共に嘘のように痛みが無くなりました。カテーテルを抜いたのだと思います。

看護婦さんから「大丈夫?しばらく横になっておく?」と言われましたが、大丈夫そうだったのでそのまま起きて服を着て(この時にナプキンを装着しました)待合室に移動しました。

痛みはこのときはすこーしだけあるくらいで、全然大丈夫でした。あの痛みは何だったんだろう・・・と不思議なほどでした。1時間ほど待合室で本を読んで過ごし、また先ほどの部屋に呼ばれ今度は立った形でお腹辺りのレントゲンを1枚撮りました。

このとき服は来たままでしたが、金具がついている服を着ていた場合はまた脱がなければいけなかったようです。そしてまた待合室で10分ほど待ち、いつもの診察室に呼ばれました。

私はひどい生理不順(2?3ヶ月に1回くらい)で生理痛もひどい(意識を失い救急車で運ばれるほど)のですが、ホルモン検査やエコー検査、クラミジア検査、内膜症検査、がん検査などでも異常が無く、今回の検査を受けました。

なので、今回はさすがに異常が発見されるだろうと覚悟していましたが、結果は「両方とも綺麗に通っていますよ」との事で問題無し。詰まっていなくてもあれだけ痛いのだから、詰まっていたらどれだけ痛かったのだろうと怖くなりました。

2日分の抗生剤を処方され、家に帰宅しました。家に帰宅してから生理痛のような傷みがありました。鎮痛剤を飲もうかどうしようか迷うぐらいでしたが、2時間ほどでましになりました。それから2日間は少量の出血がありましたが自然に止まりました。

今後の人へのメッセージ

緊張すると痛みが増すというのは本当だと思います。体が強張ってしまうと入る液も入りにくくなるのだと思います。だからといって、緊張しないようにはなかなか出来ないと思うのですが・・・。

痛みは確かにありますが、耐えれない痛みではありませんし、何よりも痛いと感じる時間が短い(だいたい1分?1分30秒くらい?)ので、普通の大人であれば問題なく耐えられると私は感じました。私は特に生理痛がひどいので、痛みに強かったせいもあるかもしれません。

なので怖がらせるかもしれませんが、生理痛などまったく感じたことが無い方からすればびっくりの痛さかもしれません・・・痛さの情報を得るたびにびっくりされていると思いますが、実際の痛みは本当に人それぞれにようですので、受けてみないと分かりません。

1番はリラックスです。うまく呼吸で痛みを逃したりして頑張ってください。私のように結果に問題が無くとも痛い場合もあります。本当に受けてみないと、痛さの大小は分からない検査だと思います。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /