e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 しもぷりんさん

子宮卵管造影検査 しもぷりんさん

車って眠る赤ちゃん
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえしもぷりん
  • 年齢36
  • 治療期間1ヶ月
  • 検査費用¥2720

卵管造影検査を受診するきっかけ

結婚2年目。なかなか子宝に恵まれない為、1ヶ月前に婦人科へ不妊検査を受けに行きました。

先ずはタイミング法で指導を受けましたが、生理が来て妊娠しなかった為次のステップとして、卵管検査を受けるよう勧められました。

卵管造影検査の進行と感想

卵管検査は痛いと聞いていましたが、私自身は痛みと我慢に強い方なので、多少の緊張はありましたが、そこまで恐れてはいませんでした。

一連の流れは、いつもの部屋の診察台で消毒を受け、その後歩いてレントゲン室へ。レントゲン室では子宮を広げるための器具を入れられ再度消毒。

その後造影剤を注入され、レントゲンを撮られてガーゼで蓋をされました。
時間は3分もかかりませんでした。

器具を入れられたり消毒された時は、変な違和感が。痛みはありません。
造影剤を入れられた時は、下腹部がキリキリ痛むような(下痢痛のような)感じ。

我慢できない痛みではありませんが、下痢のような痛みです。
危うく出してしまいそうな錯覚になりました。

今後の人へのメッセージ

個人差はありますが、卵管造影検査は決して我慢できない痛みではないと思います。力まず意識を別に向けていれば、痛みも少なくなるのではないかと思います。

この体験談を書かれたほとんどの方が、検査してよかったと感想を述べられています。私も検査して本当によかったと思いました。これまでの人、そして、これからの人に幸せが訪れますように!!

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /