e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 なっつんこさん

子宮卵管造影検査 なっつんこさん

赤ちゃん見えるかな
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえなっつんこ
  • 年齢24
  • 治療期間3ヶ月
  • 検査費用5000円でお釣りが出た程度

卵管造影検査を受診するきっかけ

「次の生理が来たら、卵管造影しましょう」
一通り不妊検査も終った時に、先生からと言われました。
卵管造影検査に対しては、妊娠しやすくなると聞いていました。

また、以前クラミジアを患っていたことがあり、卵管の癒着が心配でした。
その為、周期8日目に迷わず検査しました。

卵管造影検査の進行と感想

当日は、水分以外は摂ってはいけないとの指示がありました。
空腹のまま病院へ行きました。

始めは、痛み止めの座薬をするという話でした。
ですが、私は以前に気管支喘息を患っていました。
その関係で、座薬は使用できないと当日に言われました。

看護婦さんに言われるがままに、検査用の服に着替えました。
下着を脱ぎ、レントゲン台に上がりました。

「消毒しますよ。」
と、先生が言っただけで無意識に力が入ってしまいました。

「力抜かないと痛いですよ。」
看護婦さんと先生、両方にと言われました。

看護婦さんが、深呼吸の手本を見せて下さりました。
それを真似する感じで、深く深呼吸しながら検査に挑みました。

私が深呼吸に必死になること数分。
「痛いの終わったよ」と、先生から声を掛けられました。
横になったまま、モニターで卵管に造影剤が入ってく様子を見ました。

完全に造影剤が通ったのを確認しました。
その後、子宮に入ってた器具を取ってもらい検査終了。

結果は異常なし、検査中の痛みは全くと言っていい程ありませんでした。
ただ、検査後に30分くらい生理痛のような痛みがありました。

今後の人へのメッセージ

力を抜いた方が痛みが少ないと言われました。
卵管造影検査は、とにかく力を抜いて深呼吸です。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /