e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 かーすさん

子宮卵管造影検査 かーすさん

ざくろ
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえかーす
  • 年齢30
  • 治療期間5日間
  • 検査費用2080円

卵管造影検査を受診するきっかけ

妊娠希望をしてから1年半経ち思い切って受診しました。簡単にできる検査からしていきましょうということで、1回目の受診でクラミジアの検査をしました。次回に卵管造影検査をしましょうと言われ、2回目は4日後に。ためらう間もなく検査を受けることになりました。

卵管造影検査の進行と感想

どんな痛みが待っているのかとドキドキしていましたが、器具を入れたりする段階では多少の違和感はあるものの痛みは特にありませんでした。レントゲン室に移動し、造影剤を注入。その際先生は「おなかが重たい感じになってきますよ」とおっしゃってましたが、まさにそんな感じでした。

1枚目のレントゲンを撮り終わり、静養室で横になるように言われベッドで休憩。すると、下腹部の痛みがどんどん強くなってきました。ひどい生理痛のようで、横になってなければ我慢できなかったと思います。

約30分後、造影剤の流れを見るため再びレントゲン撮影へ。今度は立位で撮影するということだったのですが、正直立っているのが辛かったです。撮影後器具を外してもらい、すぐにレントゲンの結果を見せてくれました。結果は、卵管はしっかり通っているので問題ナシ。

話を聞き終わったころには、さっきの痛みやだるさはほとんどなくなっていました。自分で車で帰るのも全然大丈夫でしたよ。ただ、その後半日ほど出血がありました。

今後の人へのメッセージ

卵管がつまっているかどうかに関係なく、痛い人は痛いということかな。私は受診をすることになかなか踏み出せずにいましたが、病院に行ってよかったと思います。

卵管造影検査の痛みは短時間のことなので、きっと乗り切れるのではないでしょうか。出産はその何倍も何倍も痛いでしょうから、それを想像すれば全然耐えられる範囲だと私は感じます!これから検査してみようと考えている方、是非がんばってください!!

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /