2017/5/3

5月は紫外線に注意

妊娠中はシミができやすい?妊婦が紫外線を浴びるとシミができやすい理由をわかりやすく説明。紫外線は5月から増え始め、曇りでも肌まで届いています。

5月の紫外線量

紫外線

紫外線(しがいせん)と言えば、7月や8月の夏真っ盛りを思い浮かべますが、実際は5~6月から紫外線量が増加しています。5月は気温も暑すぎず寒すぎず、過ごしやすい季節ですが紫外線対策だけは真夏と同じようにしたほうが安心です。

紫外線にはABCと3つの波長があります。C波はオゾン層ではじかれるので、私たちが気をつけたい紫外線はA波とB波です。気象庁のB波の月ごとの測定をみると、1~4月までと比べて5月から紫外線B波の強度が増加していることがわかります。場所や年、天候にも影響される測定ですが5月以降は紫外線を気にしたほうがよいと思える結果です。(参考1)

紫外線の多い時間帯

紫外線を浴びやすいのは、太陽が出て明るい午前10時から午後4時頃までです。特に太陽が高くのぼる正午前後はA波もB波も紫外線量のピーク帯です。お昼ごろのお出かけは、紫外線対策が必要です。

曇りの日の紫外線量

紫外線は太陽が出ている間が強いので、曇りの日は影響を受けないと思われがちですが、実際は、曇っていても晴れの日の90%程度の紫外線量が肌まで届いています。晴れの日も曇りの日も、紫外線量に圧倒的な大差はないと考えてください。

直射日光以外の紫外線

直射日光で肌まで届く紫外線意外にも、私たちの肌はいろんな方向から紫外線を浴びています。アスファルトからの照り返しで下から浴びる紫外線、建物の窓に反射して横方向からも紫外線を浴びます。直射日光よりは少ないけれど、空気中に散乱した散乱光もあらゆる角度から紫外線を肌に浴びせます。

紫外線はシミの元凶

肌まで届く紫外線のうち、B波(UVB)を浴びると肌が赤く焼けたり炎症を起こします。肌表面にダメージを与えるのでシミの原因になります。直射日光を浴びて肌が赤くなったり、黒く日焼けしているようなら紫外線B波で肌表面が傷ついているサインです。

紫外線A波(UVA)を浴びても、B波のようにすぐ肌が焼けることはありませんが油断は禁物です。紫外線A波はオゾン層や雲を通過して、B波よりも大量に肌に到達します。A波は波長が長いから肌の奥まで浸透します。内部から細胞や角質を変化させてシミの原因を作り出します。

妊娠中はメラニンが増加しやすい

シミは、紫外線を浴びた肌の内部でメラニンという色素が生成されることが原因です。普通なら約28日でメラニンも肌表面に押し出されて、角質になってはがれ落ちます。でも次々と紫外線を浴びてメラニンが多くなったり、肌がダメージを受け続けると、肌のターンオーバー(肌が生まれ変わること)が間に合わずに、メラニンがシミとなって、肌に色素沈着します。

妊娠中の女性ホルモンのなかには、メラニンを増加させるプロゲステロンがあります。だから妊娠中は、紫外線を浴びると余計にメラニンが生成されやすくシミができやすいのです。

今すぐはじめる紫外線対策

日焼け予防妊娠中の肌が紫外線をたくさん浴びないように、5月から夏と同じように日焼け止めを使いましょう。ちなみに日焼け止めの「SPF」は紫外線B波を防ぐ効果をあらわす指数です。SPF1を20分の効果として計算すると、SPF10は200分の日焼け止め効果が期待できます。近所の買い物なら200分あれば大丈夫ですね。

日焼け止めの「PA」は紫外線A波を防ぐ効果をあらわす指数です。それならSPFもPAもどちらも指数の高い日焼け止めが良いと思われますが、妊娠中の過敏な肌には数値が高いほど負担が大きいので、日常生活では肌への負担が少ない指数をこまめに塗ることがおすすめです。

紫外線が肌に届かないように、UVカット加工が施されている服や帽子も便利です。紫外線A波はガラス窓も通過するのでUVカット加工のカーテンも役立ちます。5月からも紫外線対策を心がけて、産後のシミを減らしましょう。

参考1:国土交通省
気象庁「日積算UV-B量の月平均値の数値データ表」

2017・5・3 e-妊娠、みみいペン


トピックスサイトマップ→



関連イメージ