妊娠超初期症状

丸最新版はこちら→

妊娠できたよ! いくさん

顔
名前 いく
ねんれい 30
結婚期間 4年
ベビ待ち 2年3ヶ月
不妊原因 抗精子抗体、陽性。
不妊治療 1年。
陽性反応 4w2d(排卵日から)。
胎のう確認 5w5d、7.7mm。
胎芽確認 まだ。
心拍確認 まだ。
報告日 12/7/18
関連ページ

初めての産婦人科

不妊症の医学的定義は、「子供を望んで(避妊しないで)2年以上経っても妊娠しないこと」です。しかし医師によっては1年で不妊症と考える人も多いようです。

治療方法

タイミング、AIH。

妊娠までの過程

結婚してすぐは仕事の関係で落ち着かなかったこともあり、ようやく落ち着いた2年3ヶ月前から子作りを始めました。

最初は基礎体温も付けておらず、自己流のタイミングでしたが、妊娠しなかったので、基礎体温を付け始め、普通の婦人科に相談に行きました。

婦人科に検診に行く習慣がなく、少し抵抗があったのと、基礎体温からタイミングが合ってそうだというお話しだったので、その後その婦人科に通うことはしませんでした。

それから半年後、やはり妊娠しないのでもう一度婦人科に相談に行きました。しかし、その婦人科では基礎体温とタイミングを見ることはできるけれど、それ以上詳しい検査はできないとのことで、不妊症専門の病院を紹介されました。

ちょうど一年程前、不妊症専門の病院に通い始めましたが、自分が自然妊娠を望んでいたこともあり、タイミング指導しかされませんでした。

基礎体温と内診から、排卵もされているだろうということで、ホルモン値等の詳しい検査はされず、卵胞チェック→タイミング指導→フーナーテストという診察が3〜4周期ありました。

唯一、通水検査をしましたが、異常なし。ただ、フーナーテストの結果があまり良くありませんでした。その後、引越をしたため、前の病院に通うことが難しくなったため、3周期程、わずかな望みをかけて自己流のタイミングに戻りました。

それでもやはり妊娠はしなかったので、引越した先で不妊症専門の病院を探し、今年の年明けから通院することにしました。

今度は、初診の時点で「不妊の原因が知りたいので、できる検査はしたい」と伝えていたため、最初の2ヶ月はタイミング指導をしながらの検査となりました(ホルモン値等の検査もしたため、ホルモン剤の投与等はできないため)。

その結果、ホルモン値には異常がなく、きちんと排卵もされていることが確認できましたが、抗精子抗体が自分にあることがわかりました。また、AMHの値も低いことがわかり、とてもショックを受けました。

不妊の原因がわかるまでは、なるべく自然妊娠で授かりたいという思いが強く、人工授精(AIH)・体外授精にステップアップすることに自分自身、抵抗がありました。

けれど、抗体があること、AMHが低いこともあり、やれることをやろうと思えるようになりました。私の場合、抗体値が低いこともあり、AIHでもタイミング指導のみより見込みはあるだろうとのことで、まずはAIHにステップアップすることになりました。

AIHを3周期行い、結果が出なかった時点で、担当医からは体外授精へのステップアップを奨められました。AMHの値が低かったのも、早めの体外授精をすすめられた要因だと思います。

ダメだった場合、費用はかかってしまうことはわかっていましたが、自分の中で、6回までは人工授精をしようと考えていたところ、4周期目での妊娠となりました。

妊娠の症状

最近は生理の前に不正出血というか、茶色いカスのようなもの(おりものとも違う)が2〜4日前から出始め、徐々に血のようになって量が増え、生理が始まるというパターンなのですが、今回は生理予定日の4日前に始まった不正出血の量が増えることもなく、血のようになることもありませんでした。

もしやと思い、生理予定日の1週間後から使える妊娠検査薬を使ったところ、1分も待たないうちにうっすらとではありますが、陽性反応が出ました。

19〜21日目に微熱〜発熱があったので、今回も諦めていました。ですが、咳や鼻水が出るといった風邪のような症状は一切なく、ただ熱が出ただけで終わったのです。

今思うと、AIHから7〜10日目の着床時期だったので、着床時の発熱だったのかもしれないと思っています。

気をつけたこと

始めの頃は、周りから「あれがいいらしい」と言われれば試すというように、色々なことをしました。

・腹巻き。
・レッグウォーマー。
・ルイボスティー、カフェインレスコーヒー。
・豆乳。
・ざくろ酢。
・養命酒。
・鍼灸。

など。不妊の原因がわかってからは、抗体のせいなんだと割り切って、特に意識することなく、普通に生活していました。

ただ、それまで不規則な(夜2時過ぎに寝て朝9時頃起きる・食事は1日1〜2食)生活を送っていましたが、引越を機に生活を改善し、睡眠時間も前にシフトさせ、食事もきちんんと3食摂るようにしました。

今思うと、もっと早く生活改善するべきだったと反省しています。

メッセージ

子供をと考えている人でまだ婦人科等に行ったことがない方は、早めに相談だけでも行くことをおすすめします。

何もなければそれに越したことはありませんが、何かあったときに早く原因がわかれば、早く対処できるのですから。

私はそれを怠ったために、妊娠を待つ期間が延びてしまいました。少しでも不安に思うことがあったら、受診しましょう。

その他ご自由に

子供が欲しいと思ったら、自然に何も気にすることなくできるんだろうと思っていました。確かに、そういう方の方が多いと思います。私の周りも、自分以外に不妊症の人はいません。まさか自分が不妊症とは考えてもいませんでした。

本当に、今更ながらもっと早く色々と行動していれば良かったと思います。若い方でも、不妊症の可能性はあります。何か思うところがあれば、迷わずに婦人科に行くことをおすすめします。

妊娠を考えてから、なかなか授かることができず、本当にいろいろと悩みました。その間に周りで妊娠、出産を迎える友達が多くいて、妬ましい思いは全くなかったのですが、なぜ自分にはできないんだろうと落ち込むことは多々ありました。

ネットでもいろいろな方が「考えないようにしたらできた」ということを言っていますが、自分は考えないなんてできませんでした。どうしても排卵時期になれば「今度は!」と思いますし、生理が来てリセットになれば「またダメだった」と落ち込みました。

ダメだったときに、「次頑張ろう!」と思えるようになるまで、随分と時間がかかりました。最初の頃は、リセットの度に涙が出たり、夫にあたることもありました。

「悲観的になってもいいことない」とは頭ではわかっていても、なかなか前向きになれない時期がありました。

実家に帰って、(田舎なので)近所のおじさん・おばさんに会う度に「子供は?」と聞かれ、まだだとわかると「なにやってるんだ」と言われたこともありました。

自分の父親にも同じようなことを言われましたが、不妊治療に通っていると言ってからは、やっと言われなくなりました。言われている間は、用があって帰っているのに、帰るのが嫌になるときもありました。

私はホルモン値等に異常がなかったので、ホルモン治療をすることはありませんでしたので、ホルモン治療をされている方からすれば、まだ楽なほうだったのだと思います。

それでも、月に何度も通院するのは大変でした。私の場合は、仕事の関係で会社員ではあるものの、自宅で仕事をしていましたので、比較的時間の融通か効き、上司には不妊治療に通っているとは言わずに済みましたが、普通にOLをしている方は本当に大変だと思います。

また、私は周りに不妊症であることを言っていました。気を使ってくれとかそういう気持ちは一切なく、相談と、まだ子供がいない人には心配なことがあったら早めに通院して欲しいとの思いから言っていました。

ですが、結果的に、私よりも先に妊娠、出産した友達には気を使わせてしまう(妊娠の報告を遠慮されたり、出産の報告を別の友達づてに聞いた)ことになってしまい、少し反省しました。

そして、妊娠には夫の協力が不可欠です。幸い、夫は妊娠に協力的で、夫の検査も早い段階で受けてもらうことができました。

夫婦の妊娠に対する方向性を合わせるためにも、夫婦でよく相談することが必要だと思います。待ち望んでいる全て方の元に幸せが訪れることを願っています。

基礎体温

基礎体温グラフ
BBTデータ
月経サイクル
28日間(6/10〜7/8)
平均体温
36.61度
低温期の平均
36.41度
高温期の平均
36.80度
高低温の温度差
0.39度

丸11日目、卵胞チェック(夜にブセレキュア点鼻)。
丸13日目、AIH。未排卵を確認。
丸14日目、排卵済みを確認。
丸19〜21日目、微熱〜発熱。
丸25〜31日目、不正出血(茶色いカスのようなものが出る)。
丸29日目、妊娠検査薬陽性(うっすら)。
丸36日目、妊娠検査薬陽性。
丸38日目、ピンクのおりものが出る(一度だけ)。
丸39日目、胎のう確認。


01日目= 36.7602日目= 36.2503日目= 36.6604日目= 36.4005日目= 36.3106日目= 36.3007日目= 未計測08日目= 36.2409日目= 36.4110日目= 36.3611日目= 36.3912日目= 36.3213日目= 36.4414日目= 36.4315日目= 36.5616日目= 36.6317日目= 36.58

18日目= 36.7019日目= 37.6222日目= 37.0123日目= 36.7524日目= 36.5125日目= 36.7926日目= 36.7027日目= 36.8828日目= 36.8429日目= 36.6730日目= 36.9731日目= 37.0132日目= 36.9233日目= 37.0834日目= 37.1235日目= 36.9936日目= 37.0037日目= 37.0338日目= 37.0239日目= 37.15