e-妊娠top 妊娠できたよ Sussyさん

妊娠できたよ2012 Sussyさん

こうのとり
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

顔
  • 名前Sussy
  • 年齢33
  • 結婚1年5ヶ月
  • 妊活1年5ヶ月
  • 陽性4w1d。
  • 胎嚢5w3d、8.4mm。
  • 胎芽6w3d、胎嚢17.1mm、胎芽4.8mm。
  • 心拍6w3d、胎嚢17.1mm、胎芽4.8mm。
  • 治療1年3ヶ月。
  • 原因排卵障害、抗核抗体陽性、ピックアップ障害?
  • 報告12/2/18

妊娠までの過程

・タイミング2周期後、卵巣嚢腫(皮様嚢腫)が見つかり腹腔鏡手術。多嚢胞性卵巣だったので腹腔鏡手術の際に多孔術も一緒にしてもらいました。クラミジアが陽性だったので癒着も疑ったのですが、幸い癒着もなく、卵管も両方通っていました。

・術後1周期お休み後、タイミング2周期(自然排卵)。

・人工授精へステップアップを決めセキソビットで誘発するも卵胞が育たず。翌周期からクロミッドで誘発(3周期)。

・体外受精へステップアップ。1回目採卵…1個卵胞が育つ(クロミッドで誘発、D12で採卵) →空砲。

2回目採卵…4個卵胞が育つ(クロミッドとフォリスチム75で誘発)→2個採卵、2個とも受精、2個とも胚盤胞に(4日目と6日目)。内膜が薄かったため、凍結し翌周期にホルモン補充周期にて移植。凍結4日目胚盤胞(3BA)を移植(内膜11mm)し、陽性。

採卵周期。
D3〜クロミッド10日間服用。
D7とD9にフォリスチム75注射。
D12に2個採卵→4日目胚盤胞と6日目胚盤胞を凍結。

移植周期(ホルモン補充周期)。
D2〜エストラーナテープ(1日2枚)。
D19〜デュファストン、エストラーナ(1日2枚)。

D24、凍結胚盤胞移植(4日目胚盤胞、3BA)内膜11mm。移植後→デュファストン、ユベラ。プレドニン(抗核抗体陽性のため)、プロゲ膣坐薬。

BT3・BT6、黄体ホルモン注射。
BT10、判定日→hcg113で陽性。

妊娠の症状

BT3まではお腹がたまにチクチクするくらいで体調は良かったです。BT4から体温が下がったため、ストレスになると思い測るのをやめました。先生もホルモン補充してるから測る必要はないと言われました。

膣坐薬のせいで出血はBT4からありました。その頃から胸が張るというか、ふわふわ大きくなってきました(薬のせいかもしれませんが・・・)。

BT3には大量の水っぽいおりものがでました。もらした?と思うくらいの量で、おりものシートがずっしりしました。もうダメかも?と思い、BT7に思い切ってクリアブルーでフライング!結果、見えるような見えないような線が・・・。

旦那と見える見えないを会議しましたが、目が疲れてきたので、翌日の朝もう1度やってみることに。結果は、私の念力でしか見えない蒸発線がでました。もちろん、旦那は「僕には、見えないよ・・・」と。

ネットで、陽性の場合、BT7くらいからうっすら反応が出る方が結構いらっしゃったので、判定日まで諦めモードでだらだら過ごしていました。でもときどき子宮がキューってなったり、BT9からはなんだか胃がキリキリしていました(精神的なものだと思いますが・・・)。

判定日当日はもちろんダメだと思っていたので、夜はビールをたらふく飲んでやる!という気持ちでクリニックへ行きました。が、まさかの陽性反応!!

クリアブルーで陽性の線をみたくて、帰宅後やってみましたが、うっすーくしかでませんでした。4w1dで血中Hcg113だとまだはっきりはでないみたいです。

気をつけたこと

婦宝当帰膠(生理の量が少ないのと、腰の冷えが気になっていたので5ヶ月服用)。ルイボスティー、毎朝野菜ジュース、採卵周期時は納豆、とろろ昆布。

体質改善のためピラティスに週3〜4日通い、お風呂上がりにファータイルストレッチを15分位。血流がよくなったのか、肩こりもなくなり、腰の冷えも気にならなくなり、顔色もよくなりました。

あとは、神頼みです。待ち受けは木村さん、こうのとりキティ、オレンジのさるぼぼ。子授け神社巡り・・・とりあえず、お願いをたくさんしました。

1番不思議な気持ちになったのは、京都の梅宮大社へ行って御祈祷していただいた時です。またげ石という石を夫婦でまたぐのですが、またいでいる時、なんだか子宮が温かいような感じがしました。

その後、お守りを腹巻の中に入れ、毎朝御札にお願いをしていたら、無事2個採卵でき、胚盤胞にもなり、陽性ももらえました。

メッセージ

1回目の採卵で空砲だった時は、先は長いな…と覚悟していましたが、2回目で2個も胚盤胞になり、初移植で陽性になるなんて、本当に幸運でした。でも、正直、自分が体外受精をするとは思っていませんでした。

姉が2人目不妊で体外をしていたので、多少知識はあり、抵抗もなかったので、最終手段として考えていました。人工授精でできるでしょ〜なんて本当に甘い考えでした。

人工授精を3回失敗して、旦那と話し合いました。2人でだした答えは「後悔しないようにやれることは全部やろう」ということです。

私の性格上、あれをしなかったからダメだったのかもしれない、とくよくよ考えてしまいがちなので、全力でやって、ダメだったら納得できるような気がしたので、いいと言われることはやりました。それをストレスだと思ったことはありません。やらずに後悔するほうがストレスなので。

陽性がでた後も、胎嚢が確認できるまでまたドキドキ、心拍が確認できるまでドキドキ・・・と、安心できる時はありませんし、つわりも始まり、思うように生活できませんが、治療をがんばってこれたんだから大丈夫!と言い聞かせています。

心が折れる時もたくさんあると思いますが、赤ちゃんを授かれると信じて、後悔のないようにやれることをやって欲しいと思います。赤ちゃんを望んでいるみなさまにこうのとりがきてくれることを祈っております。

\ Pic Up /