妊娠2ヶ月

丸最新版はこちら→

妊娠できたよ! KYOKOさん

顔
名前 KYOKO
ねんれい 40
結婚期間 6年2ヶ月
ベビ待ち 6年2ヶ月
不妊原因 子宮内膜症、左チョコレートのう胞の癒着による排卵障害、ピックアップ障害の疑い(超音波検査による医師の推測)両卵管閉塞(卵管鏡下卵管形成術を受け、両卵管通過するが1年後に再び右側閉塞)、受精障害。
不妊治療 2年間。
陽性反応 4w0d、週期23日目、病院で陽性判定後、自宅にて検査。
胎のう確認 5w0d、周期30日目、5.9mm。
胎芽確認 7w0d、周期44日目、胎のう2.5cm、胎芽11.8mm。
心拍確認 7w0d。
報告日 11/12/16

治療方法

卵管造影検査、FT手術、子宮鏡検査、子宮内ポリープ除去手術、排卵誘発剤使用のタイミング2回、人工授精3回、体外受精(採卵3回、新鮮胚移植2回)。

妊娠までの過程

結婚する34歳の時に初めて婦人科検診を受け、子宮内膜症によるチョコレートのう胞があることが分かりました。医師には早く妊娠したほうが良いが妊娠しにくい可能性がある、と言われました。

年に1度、チョコレートのう胞の経過観察をしながら排卵検査薬を使って、自己流でタイミングを続けるものの、毎月遅れることなく生理が来てしまい、妊娠する気配のないまま37歳になりました。

総合病院の婦人科で相談し、卵管造影検査を受けたところ、両卵管閉塞が判明(クラミジア検査は陰性だったので子宮内膜症によるもの?)医師には体外受精を勧められましたが、卵管を通す為の手術があることを知り、受けることにしました。その後の経過もよく、卵管造影検査では両卵管の通過を確認。

その後タイミングを続けましたがやはり妊娠する気配が全くなく、半年後不妊専門クリニックを初めて受診しました。超音波検査の所見でしたが子宮内膜症による癒着があり、排卵障害、ピックアップ障害が考えられるとのこと。

排卵を確実にさせるためとピックアップしやすい位置からの排卵を狙い排卵誘発剤(セロフェン、hcg)を使用して、タイミング2回、人工授精を1回試みるも陰性。このあと主人の転勤で、転院しました。

半年後、新たな不妊専門クリニックを受診しました。そこではまず一通りの不妊検査をし、卵管造影検査をしたところ、また右側が閉塞してしまっていること、そして子宮内に多発性ポリープがあることが判明。

着床の妨げにならないよう子宮内膜そう破手術を受けました。その後、貧血が改善し、生理の時にあったレバー状の塊は出なくなり、生理も軽くなりました。その時点で39歳でしたが、AMIの値が良かったこともあり、人工授精からスタート。

セロフェンを服用し、hcg注射をして2回試みるものの、2度とも遅れることなく生理が来てしまいました。精子所見には問題はないのに全くダメだということはやはり他にも別な問題があるのだろうと思い、ステップアップを決意。

1回目の体外受精・・・前月の残留卵胞があったため、プラノバールを15日間服用し、生理開始後、セロフェンによる排卵誘発、採卵。結果2個採卵、1個変性卵、1個成熟卵に普通の体外受精をし、受精。2日目に4分割新鮮胚を移植→陰性(hcg0)。家の事情により、半年後に治療再開。

2回目の体外受精・・・またプラノバールを服用し、アンタゴニスト法にて誘発、採卵。結果3個成熟卵→全て受精せず、受精障害と言われる(ひと月休み)。

3回目の体外受精・・・ホルモン値も問題なく、生理開始後すぐに誘発スタート。前回と同じアンタゴニスト法にて採卵。結果、成熟卵7個採卵、うち3個顕微受精/1個受精→6日目胚盤胞で凍結。4個普通の体外受精/2個受精→1個は4日目で分割停止、1個は2日目に4分割で移植→陽性。

妊娠の症状

移植後の高温期の症状はいつもと同じでした。子宮内膜症があるため、高温期にはお腹や卵巣付近に疼痛を感じ、また元々PMSがひどく、ホルモン剤を飲んでいない周期でも車酔いのような吐き気がするのが常でした。その他胸の張り、足の付け根痛など。

妊娠した今回も全く同じような症状でした。着床日辺りにも注意していましたが、よく言われるような着床痛や着床出血らしきものもありませんでした。ただ採卵周期の移植だったため、卵巣が少し腫れて、いつもより左右の卵巣付近に痛みを度々感じました。

判定日前日に生理の初日位の量の赤黒い出血があり、黄体ホルモン剤を飲んでいても生理がくるのかとショックを受けました。1週間前に行った妊娠検査薬でも陰性で、胸の張りもなくなってきていたので、全く諦めていました。翌日病院で陽性と分かったときには本当に驚きました。

気をつけたこと

痩せ型で疲れやすく体力もないタイプです。日々健康な体を目標に生活していました。また他の方のブログを参考にし、良さそうなことは取り入れたりしました。

・食生活に気をつける。防腐剤や添加物の入った食品を避ける、なるべく有機や無農薬の野菜や玄米食にする。

・規則正しい生活をする。
・1日1個卵を食べる(妊娠した方のブログにありました)。
・コーヒーが好きで、飲み過ぎないように1日2〜3杯にするように気をつける。

・週3回、20分ほど簡単な筋トレをする。
・なるべく沢山歩く。
・毎朝ラジオ体操をする。
・ストレッチをする。

・暖かいものを飲む。
・体を冷やさないようにする。腹巻、カイロ使用。
・サプリはCOQ10、エビオス(お勧めです)アミノコラーゲンを摂取。

メッセージ

医師の言うように、子宮内膜症が原因で妊娠しにくいだけだろう、とのんびりしすぎていて、自分が自然妊娠が出来ないことに気がつくのが遅すぎました。検査に抵抗があったこともあります。ごく基本的な卵管造影検査で不妊が分かり、早く受けていればと大変後悔しました。

体外受精に対してもずっと抵抗がありました。ただ残されている時間があまりなく、これ以上の後悔はしたくなかったこと、またやることはやったという気持ちもあり、納得してすんなり決心出来ました。結果、受精障害が分かりました。体外受精は検査の側面もあると言われます。

今回のことで、検査を受けることの大切さを痛感しました。もし検査を迷っている方がいましたら躊躇せず、早めに受けて頂きたいです。体外受精に関しては、身体的経済的負担も大きく簡単には勧められませんが、ステップアップのタイミングも大切に思います。

先生のアドバイスですが、体外受精も治療の視野に入れておき、スムーズにステップアップ出来るように、心の準備をしておくといいのかもしれません。

その他ご自由に

結婚後4年目にして卵管性不妊が分かり、治療期間は2年間でしたが、その前からずっと赤ちゃん待ちをしていたので本当に長く感じ、精神的に辛い時期でした。治療を開始してからも色々問題が見つかり、自分が妊娠するとは到底想像出来なくなっていました。

なかなか気分転換も出来ない性格で、ストレスも溜まるばかりでした。支えてくれたのは夫でした。ショックだったことと思いますが、不妊が分かった時にも前向きですぐに対策を考えて実行する人なので、すぐに病院を調べてくれたり、治療にも協力的でした。

夫側には何も問題がなく、自分のせいで大変な治療や経済的な負担をかけていると思うと結婚を後悔したりもしました。ですが、夫は何も言わずに見守っていてくれました。後ろ向きながら、私も出来ることは何でもやろうと頑張りました。

受精率が悪い中、3回目にして何とか頑張ってくれた1つの卵が妊娠に至りました。生殖医療、何が起こるか分からないといいますが本当にそうです。

人生初めての陽性判定で、hcgの値も低く、継続出来る確立は6割と知り、心拍確認まで気が休まりませんでした。11週に入りましたが、まだまだ先は長く、不安ばかりです。今は無事に生まれてきてくれることを祈る毎日です。

本来でしたら、私は子を持つことは出来なかったはずです。良いクリニックに会い、そして治療を受けられたこと、そして何より支えてくれた夫には、心より感謝しています。

そして、こちらのサイトには度々訪問させて頂いてました。同じような不妊原因や年齢の方が妊娠されていることを知り、勇気づけられました。微力ながら、私の経験も参考になることがあればと思い投稿させて頂きました。素晴らしいサイトを作って下さっている、管理人さん、皆様に感謝申し上げます。

基礎体温

(+)採卵、胚移植
基礎体温グラフ
BBTデータ
月経サイクル
22日間(10/5〜10/26)
平均体温
36.81度
低温期の平均
36.56度
高温期の平均
36.92度
高低温の温度差
0.36度

丸1日目から6日間毎朝自己注射2本(HMGコーワ、HMG150F)。
丸7日目に卵胞チェック(20mm〜12mmが左右計7個)病院で注射3本(HMGコーワ、HMG150F、セトロタイド)。夜にHCG自己注射。
丸9日目に採卵(表では9日目が選択出来なかった為、10日目になっています)。
丸11日目に新鮮胚移植(2日目4分割、フラグメント5%,内膜16mm)。
丸11日目から14日間ルトラール、エストラジオール服用。
丸16日目に病院で卵巣の腫れをチェック(左右5cmの腫れ、内膜19㎜)。
丸18日目に妊娠検査薬使用、陰性。
丸22日目に夕方頃生理の始まり位の量の赤黒い出血。
丸23日目に病院にて陽性判定(hcg80.5)。
丸30日目に胎のう確認。
丸44日目に心拍確認。


01日目= 36.5002日目= 未計測03日目= 36.6104日目= 36.5405日目= 未計測06日目= 未計測07日目= 36.5108日目= 36.64

9日目= 36.7010日目= 36.8511日目= 36.9612日目= 36.8113日目= 36.9214日目= 36.9815日目= 36.8116日目= 37.0017日目= 37.0518日目= 未計測19日目= 未計測20日目= 36.9921日目= 37.0622日目= 未計測23日目= 36.9124日目= 37.1525日目= 36.9626日目= 36.9427日目= 36.9428日目= 37.1029日目= 37.0130日目= 37.0431日目= 36.9632日目= 37.0533日目= 37.0334日目= 36.9435日目= 37.0436日目= 36.9437日目= 37.1038日目= 37.0339日目= 37.0440日目= 37.0341日目= 36.9642日目= 37.0743日目= 37.1144日目= 37.0145日目= 37.00