e-妊娠top 不妊治療と不妊症 子宮鏡検査 オアシスさん

子宮鏡検査 オアシスさん

ざくろ
妊娠できたよ!
妊娠できたよ!

年齢など絞り込みでるようになりました~。 苦しみを乗り越えた人たちの妊娠報告...

子宮鏡検査 体験談

お名前 オアシス 費用約19,000円

子作りを始めて、なかなか授からなかった為、近くの産婦人科で子宮卵管造影検査を受けた結果、造影剤が逆流し、子宮がうまくレントゲンに写らず、子宮内腔に癒着があるかもしれないと、不妊専門の病院を紹介されました。

子宮鏡検査をして、子宮内を肉眼で見ない限りは分からないと言われていたのに、その病院でも同じようなホルモン検査など、性病の検査など、なかなか子宮鏡検査に辿り着けずモヤモヤした日々を過ごしていましたが、本日やっと子宮鏡検査を受けてきました。生理がきたら、予約をして、周期7日~11日目までに受けるようにして下さいとの事でした。

まず、病院へ行き、血圧を測り、超音波で最終チェック、そして子宮口を広げるスポンジを入れられました。この時が少し痛くて、子宮口に針を刺されてるような感じがしましたが、それも少しの間だけで、すぐ終わりました。それからはそのスポンジが膨らむまで1時間半近くベッドで横になりました。痛み止めの座薬を入れられてたので、ちょっとした生理痛のような痛みもすぐに消えました。

1時間半後、いよいよ検査の時間となり、筋肉注射(私は全くといっていい程痛くありませんでした)と点滴を入れられました。検査中に簡単に取れそうなポリープが見つかった場合は、その場で麻酔をして取ってくれるというお話は聞いていたので、その麻酔が効きやすいように筋肉注射を打って下さったみたいです。

そして処置室へ移動し、内診台に上がりました。麻酔をかける可能性があるので、両手両足は縛られ、身動きが全く取れない状態で緊張と恥ずかしさでいっぱいでしたが、看護婦さんがとても優しく、リラックスすることができました。カメラの映像は先生と一緒に見ることができるので、少しわくわくしていました。

検査をして下さる先生が自己紹介をして下さり、いよいよカメラの挿入です。まずは膣を消毒し、子宮口を広げるスポンジを抜き(少し違和感がありましたが、痛くはありませんでした)、カメラが入っていきました。カメラを子宮の中に入れている時は少し痛かったですが、それよりも画面の映像に意識がいっていたので、全然大丈夫でした。

「子宮の中に入りましたよ」という先生の声で、今写ってるのが自分の子宮なんだ、と不思議な気持ちになりました。薄いピンク色で、内膜は少し毛羽立って見えました。卵管造影検査で心配していた癒着は一切なく、ポリープが一つだけおへそ側にあっただけでした。

「このポリープが邪魔していたのかもしれませんね」と先生がおっしゃって、「では取りましょう」とすぐ麻酔の準備が始まりました。もしかしたら筋腫かもしれないので、筋腫だった場合は切除を中止します、と注意されてから点滴に麻酔を入れ始めました。

あっという間に意識がなくなり、次に覚えてることは子宮を削られているような、嫌な痛みでした。朦朧としている意識の中で、看護婦さんにパンツをはかされ、「少しお尻を浮かしてください~」と言われ、どうにかお尻を動かし、そのままベッドに移されました。

リカバリー室に戻り、担当して下さった先生が「やっぱりポリープでちゃんと取れましたよ。それ以外は問題がなかったので子宮はキレイです。」との事でした。

麻酔が完全にきれるまでは頭がフラフラし、吐き気がつらかったですが、時間が経つにつれそれも治ってきました。少し出血していますが、ナプキンに少しつく程度であれば問題ないとの事でした。

知識と情報

私の場合、卵管造影検査で内腔に異常が見つかり、肉眼で見ないと何とも言えないと言われ、今回子宮鏡検査を受けることになりました。私は生理痛は結構強く、出血量も多かったのですが、最近量が少なくなってきたような気がして、やはり癒着しているのではないかと毎日不安でした。

今日受けたばかりなので、今後どういう変化があるのか、生理時の出血はどうなるのか、実際にそのポリープが原因で妊娠できなかったのか、今のところ何も分かりませんが、子宮内腔に癒着がないと知っただけでも気持ちが全然違います。

自分の子宮の中を見れる機会も少ないので、なかなか面白かったです。今モヤモヤしている方がいれば気軽に受けてみるのもいいかと思います。 私もいつもこのサイトで勇気付けられていました。私の体験が少しでもどなたのお役に立てればと思います!

\ Pic Up /