e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2010年 たろうさん

子宮卵管造影検査2010 たろうさん

指を掴む赤ちゃん
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

顔アイコン
  • おなまえたろう
  • ねんれい38
  • 治療期間1ヶ月(再受診から)
  • 検査費用2,580円

卵管造影検査を受診するきっかけ

3年ほど前にも、1度卵管造影検査をしました。今回は2度目です。誘発剤など、病院での治療はせず、漢方の周期療法や整体などに取り組んでいました。

だんだん年齢が気になり始め、漢方の先生に勧められたこともあり(1年間漢方を飲み、基礎体温やタイミングなどは問題なさそうだから)、夫婦で再度検査をしてもらう事にしました。

卵管造影検査の進行と感想

1度目の時、あまりの激痛で人生初の過呼吸と痙攣を起こしました。

検査結果は左側が通っていないとの事。「前回、そんなだったので心配です」と先生(前回と違う先生)に伝えたところ、今回は座薬の痛み止めを使い、検査前に血圧を測り、色々気を使ってもらえた感じが、安心感にもつながりました。

レントゲン室でズボンと下着を取り、上半身は洋服を着たまま、その上から専用の検査服をはおり、もろもろの機械が付いたベッドで横になり、検査しました。

器具が入る時と、造影剤を入れている時、やはり痛くて腰が浮き、力も入り全身ガチガチな感じになりましたが、看護士さんが「手を胸の上において、ふー、ふー、とゆっくり息をはいてー」と声をかけてくれました。

力が入るからよけい痛いし不安になるんだ、と、とにかく痛くても力を抜くことに意識を集中して、実際「ふー、ふー」と声に出して言っていました。痛かったけど、前回ほどひどい事にはなりませんでした。結果、「左右両方、普通に通ってますよ」との事でした。

今後の人へのメッセージ

「以前詰まっていた卵管が、勝手に治る事ってあるんですか?」と先生に聞いたら、「緊張して力が入りすぎていると、造影剤が入っていかない事があるかもしれない、前回はもしかしたら、それで通らなかったのかもしれないね」との事。

ずっと、片方しか通ってないんだと思っていたから、今回両方通っている事が判明して、可能性が広がった気分です。これから検査を受ける人、2度目の検査を考え中の人へ、私のようなパターンもあった事を伝えたいです。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /