e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2010年 しましまさん

子宮卵管造影検査2010 しましまさん

神社
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

顔アイコン
  • おなまえしましま
  • ねんれい31
  • 治療期間約1ヶ月半
  • 検査費用2500円くらい

卵管造影検査を受診するきっかけ

べビ待ち1年で通院開始。多のう胞性卵胞がエコーでわかり、2回目のタイミング指導に入る前に施術していただきました。

卵管造影検査の進行と感想

下半身はバスタオルのみまとい、施術台に横になり、お腹の上にレントゲンカメラがセットされます。先生がモニターで説明しながら、まず卵管にチューブを通します。外れないように、チューブ先端のバルーンと呼ばれる袋に空気をいれます(ここまでは全然痛くないデス)。

このあと、レントゲン液を注入。体の内側から圧迫するような鈍痛。意識が飛ばないように先生の語りに返事をするように言われていましたが、途中しゃべれなくなるほど息苦しく感じました。

施術後は、半日くらいはボーっとした感じになります。血液が多少でるので、ナプキンが必要ですよ。でも、想像していた時よりはるかに施術が早く、やってよかったと思います。

今後の人へのメッセージ

生理痛、排卵痛が、私の場合ですがなくなりました。卵管造影した日から子作りも大丈夫らしく、安全な施術ということもわかりました。

最初はなにをするのもこわごわでしたが、少しずつ自分と赤ちゃんの距離が近くなってる気がして、頑張ろうと思えるようになりました。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /