e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 yukiさん

子宮卵管造影検査 yukiさん

車って眠る赤ちゃん
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえyuki
  • 年齢34
  • 治療期間1ヶ月
  • 検査費用5500円

卵管造影検査を受診するきっかけ

子作りを始めて1年。子供を授からず、1ヶ月前に病院へ。
内診、視診、超音波、タイミング、血液、子宮卵管と先生に勧められ。

卵管造影検査の進行と感想

行く前は正直、本当に怖かったです。

始めに先生から検査の説明を受けました。
管を入れてバルーンを膨らまし、造影剤注入。
レントゲン2枚撮影して終了とゆう流れ。

先生から 「緊張をしないように!ゆっくり造影剤をいれていくから大丈夫!」
少しホッとしたが、緊張したまま診察台へ。

診察台では管のようなものを入れられました。少し痛かったですが痛いんだと心構えがあったせいか、思ったよりは痛くありませんでした。3〜4分で終わり、次は管を入れたままレントゲン室へ行きました。

看護婦さんからのアドバイスで、
「ゆっくり呼吸をして力を入れないこと!」
「力が入ると通る物も通らなくなり余計痛いからね」

確かにそうだと思い、力を抜き先生を待ちました。
先生を待ってる間は、正直もうピークに緊張してました。

先生が入室、もう笑うしかありませんでした。
先生が「緊張しないで。肛門に力を入れないこと、ゆっくり呼吸をしてね」
もうとにかく力を抜き、呼吸に集中しました。5分もかからないうちに終了。

後処置は管を抜かれ、消毒をされて終了です。
私的には生理痛の方が痛い気がします。
検査結果は両方とも正常でした。

今後の人へのメッセージ

言い方は悪いですが、緊張しないでどうにでもなれと力を抜く事。
呼吸に集中すれば、卵管造影検査は大丈夫です。

皆さんも頑張って下さい。
可愛い赤ちゃんに出会えると思えば、頑張れます。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /