e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 バニラさん

子宮卵管造影検査 バニラさん

赤富士
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえバニラ
  • 年齢30
  • 治療期間6ヶ月
  • 検査費用5300円

卵管造影検査を受診するきっかけ

不妊治療も半年経ちました。
以前クラミジアにかかり、卵管のつまりがあるか気になって検査を受けました。

あと過去のフーナー検査が2回とも不良で、医師からAIHを勧められました。
AIHに抵抗があり、卵管検査をしてもう少しタイミングで頑張りたいと思い挑戦。

卵管造影検査の進行と感想

検査は予約制でお昼からでした。
検査前の飲食は控えるとの事、昼食はとらずに行きました。
ネットの情報からかなり覚悟はしていたものの、緊張で手足は冷たく。

名前を呼ばれていつもの内診台に座りました。
医師から「痛みがあったらすぐ言ってくださいね」と言われました。

何もされてないのに既に緊張がMAXに!
まずチューブ?のような物を入れられました。
その時は大きめのタンポンが入ってる感じでした。

その後「お水が少し入るね」と言われました。
子宮が少し押されるような感覚が。でも我慢できる範囲です。

そしてチューブ状の物をテープで固定しました。
バスタオルとガウンの姿でレントゲン室まで歩いていきました。
レントゲン室で横になり、膝を曲げた状態で医師を待ちました。

あまりの緊張で足がガタガタと震えてしまいました。
「8割位の人が痛くなかったと言われるから大丈夫ですよ」
と、看護士さんに励まされました。

医師到着、すぐレントゲンの位置を確認して造影剤が入ってきました。
始めはチクチクする感じの痛みで、少しずつ体に異物が入ってる感覚が。
下半身が重く感じられました。痛みというより異物感が強かったです。

30秒ほどで撮影は終わり、詳しい説明は後日との事。
とりあえず、つまりもなく大丈夫だったようです。

検査後は痛みや出血もなく、念のため抗生物質が処方されました。

今後の人へのメッセージ

卵管造影検査は、体に力が入りすぎると良くないそうです。
リラックスして深呼吸を意識すると良いと思いました。

クラミジアにかかっていても、卵管はつまっていませんでした。
同じ経験をして悩んでおられる方の参考になれば幸いです。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /