e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 さくらさく子さん

子宮卵管造影検査 さくらさく子さん

神社
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえさくらさく子
  • 年齢31
  • 治療期間5ヶ月
  • 検査費用9190円

卵管造影検査を受診するきっかけ

27歳で結婚してから1年後、家族が欲しいと子作りを解禁しました。
基礎体温をつけ始め、排卵している月としていない月があると判明。
生理周期も長い事が不安になっていました。

2年間は自己流で、旦那と協力して子作りに頑張って取り組みました。
なかなか授かる事が出来なく、ストレスで余計に体に負担になる気が。
病院に通い、卵管造影検査は病院の不妊検査の最終段階として受診。

卵管造影検査の進行と感想

ネットの体験談では、当日の食事は取らない、座薬を入れた等ありました。
しかし、私の通っている病院では当日の食事はOKでした。

子宮内膜検査と卵管通気検査を以前受けた時、物凄く痛かったです。
今回も痛いのかと、とても緊張していました。

また、通気検査を受けた時は下腹部が圧迫されて重い感じが。
生理痛と下痢に似た症状も感じたので、家でトイレを済ませてから病院へ。

いつも通りベッドに寝て、チューブの様なものを挿入。
この時はまだまだ余裕でした。

不妊検査も回を重ねるごとに慣れっこになっていました。
しかし造影剤が注入される時は、やはり重い生理痛と下痢に似た症状が。

それもあっという間で、チューブをテープで太ももに固定してレントゲン室へ。
画像で見た卵管は予想していた様な1本の管ではありませんでした。
ぐるぐるした毛細血管の様でした。

ちょっと細い部分があるけど、問題ないとの診断。
2日分の抗生剤を貰い、翌日はまた撮影のみ病院へ行きました。

今後の人へのメッセージ

ネットで色々な方の体験談を読み、検査当日までとても緊張していました。
でも、こんな痛みは出産の痛みと喜びに比べたら、と思うようにしました。
検査中は深呼吸をゆっくりして、出来るだけ力を抜くようにしました。

皆さんも大丈夫、大丈夫と思いながら深呼吸して乗り越えて下さい。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /