e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 ミチさん

子宮卵管造影検査 ミチさん

ざくろ
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえミチ
  • 年齢29
  • 治療期間4ヶ月
  • 検査費用4000円くらい

卵管造影検査を受診するきっかけ

もともと生理不順でできにくいと思っていました。結婚を期に解禁するも1年経過したため不妊専門クリニックに受診しました。4ヶ月まではタイミング療法で経過をみていましたが、先生が1度してたほうが良いよねと言う事で今回TRYしてみることに。

卵管造影検査の進行と感想

仕事をしていることもあり、生理6日目に受診しました。(私の場合、生理が短いためか本当は造影検査は7日目からということでしたが、6日目でも検査してもらえました。)

内診時に子宮口を消毒し、その後、レントゲン室へ移動。病衣に着替えて、いざレントゲン台へ。緊張よりもワクワクしていました。(私は鎮痛薬はいっさい使用してないです。)

再度、子宮口の消毒を行い、いよいよカテーテル挿入。これは生理痛ほどの痛みでした。バルーンを膨らますときは先ほどよりも強い痛みがドンッときました。痛いな〜なんて思っていると速くも造影剤を注入中でした。

先生の説明はもちろんあったのですが痛みに気を取られ、痛い痛いと心の中で叫んでいるうちに終わっていました。私は痛みに強いという自負があったのですが、この痛みにはビックリしました。我慢できないことはなかったですが痛いことは痛い。後少し長ければ声を上げていたかもしれません。

終了後はタンポンを挿入してEND。自分で立つことができましたよ。腰が痛いし体が熱かったけど注入中ほどの痛みはなかったです。私は両方とも通っていました。やってよかったです。

今後の人へのメッセージ

痛みはそれぞれだと思います。私は痛みに強いし、たとえ痛くても絶対、我慢できると信じ込んでいました。だから緊張もしなかったしワクワクしていたくらいでした。でも、舐めてましたね・・・痛かった。もう1度と言われるとため息がでそうですね。

でも卵管の詰まりも解消したし、私にもゴールデン期間です。待望のBABYに会えますように・・・。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /