e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 カノンさん

子宮卵管造影検査 カノンさん

指を掴む赤ちゃん
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえカノン
  • 年齢37
  • 治療期間半年
  • 検査費用1980円

卵管造影検査を受診するきっかけ

タイミング法で半年ほど様子を見たが、妊娠に至らず。先生はもう少し後でも良いと言っていましたが、排卵期に痛みがあるのも気になっていたので自ら受ける決心をしました。

卵管造影検査の進行と感想

レントゲンの台に乗り、中を広げる機械を入れられ、更に子宮口を広げる為に器具の中に器具が入り、とても変な感覚が暫く続きました。

時間にしていくらでもなかったのですがとても長く感じました。「まだですか?」と訊いてしまったくらい。痛みはそれ程でもなかったのですが、チューブが入りきらないと言われ恐怖心で身体が硬直してしまいました。

ひたすら深呼吸をしながら我慢していると器具が全て抜かれました。
「これから造影剤を入れるので少し痛いですよ」と、言われました。
覚悟していたもののやっぱりズーーーンとした痛みがありました。

しかし、思った程の痛みではなく十分耐えられました。
写真を撮り、起き上がったときには脱力感でフラフラに。
多少の出血があるとのことで持参したナプキンをつけました。

検査後の診断では異常は無く、両方とも通っていました。
造影剤の影響で、2日ほど生理痛のような痛みと出血がありました。

今後の人へのメッセージ

受けるのにとても勇気のいる検査ですが、今ではゴールデン期間を手に入れた事と卵管が詰まっていなかった事から安心感を得て、また前向きに頑張れそうな気がします。

迷っている方は、是非勇気を出してみてください。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /