e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2009年 ビリケンさん

子宮卵管造影検査 ビリケンさん

木村さん
基礎体温チェック

基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単に作成。面倒な登録なし。オートセーブ機能付き

  • おなまえビリケン
  • 年齢29
  • 治療期間3ヶ月
  • 検査費用2800円

卵管造影検査を受診するきっかけ

基礎体温を測りだして半年が経つものの、明確な排卵日特定が出来ず産婦人科へ。先生から毎月排卵している可能性が低いかもしれないと言われ、卵管検査をすることになりました。

卵管造影検査の進行と感想

私は前もって何も調べることなく、卵管造影検査当日を迎えました。
検査前に、個人差はあるが痛みを伴いますと書面で説明はされていました。

検査が始まる直前まで、かなりのリラックス状態。いざ検査が始まり器具を挿入された途端、心構えをしていなかった私は何とも言えない痛みにビックリ!

思わず力が入り、「先生…イタイ!!」とすぐに訴えました。
痛みは、下腹部を内側から細い棒でつつかれてキューンと子宮が縮まる感じ。
私はもともと痛みなど我慢できない体質なので、あからさまに顔が歪んでいました。

検査自体は2分くらい。
器具を体から出してすぐはまだ痛みがありましたが、すぐ落ち着きました。
2日経った今も多少の出血があり、内服薬2種を3日分出されています。

今後の人へのメッセージ

とにかく痛みは個人差もあるので、そこまで神経質になる必要もないと思います。
ただ、心構えをしっかり持って検査に臨んだほうがよいのは確かです。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /