e-妊娠top 不妊治療と不妊症 不妊検査一覧 卵管造影検査体験談 こまるさん

子宮卵管造影検査体験 こまるさん

赤ちゃん見えるかな
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

  • おなまえこまる
  • 卵管検査までの治療期間2ヶ月

卵管検査体験談

生理が終わった翌々日、朝一番で病院へ。検査着に着替えて内診室で診察。エコーで子宮と卵巣の具合を診てから、いざ管の挿入。

広げたり押さえたりするのでちょっと痛かったですが、痛みより圧迫感が強く、苦痛はさほどなし。そして管をつけたままレントゲン室に移動して準備。

撮影時の簡単な説明のあとに、いよいよ造影剤を入れましたが、こちらも痛いというよりギュウギュウ押し込められる圧迫感。撮影そのものはすぐに終わったので、時間的には待ち時間も含めて全体で1時間かかりませんでした。

痛みも思ったほど酷くなくて早く終わったので「こんなもんか」と思ったのですが、帰宅してから凄い下腹部痛が。私は生理痛があまりないほうなのですが、その何倍もの痛みと腹下しを合わせたような痛みに前かがみで半日過ごすことに。

翌日には痛みは引きましたが。特に薬は処方されませんでしたが、丁度風邪引き中で抗生物質をもらっていたので兼用だったようです。費用は4000円ちょっと。翌日、再度レントゲン撮影して造影剤の拡散をチェック。その際にもお金かかったので、合計5000円ほどでしょうか。

メッセージ、感想

検査後、二日ほどおりものと出血の混ざったようなものがありましたが、腹痛は最初の日だけだったので、話に聞くよりは辛い検査ではありませんでした。狭窄や癒着がなかったためかも知れません。

気分悪いとか吐き気とかありませんかと医者に尋ねられましたが、それはなかったですね。腹痛と下腹部の張りは翌日にはほぼなくなりました。検査後半年くらいは妊娠率が高くなるらしいので、ちょっと期待中。さて?

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /