e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2008年 海さん

子宮卵管造影検査 海さん

ざくろ
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

  • おなまえ
  • 年齢27
  • 治療期間1ヶ月
  • 検査費用3000円

卵管造影検査を受診するきっかけ

産婦人科への通院から、不妊治療専門病院へ転院。
ホルモン検査、黄体機能検査、フーナーテストの実施。
クラミジア検査、貧血検査等も行いました。

特に問題は無く、「卵管が通っていれば後は問題ない」とのこと。
そこで、卵管通水検査を受けました。

卵管造影検査の進行と感想

病院に着いてすぐに、筋肉注射をうちました。
肩かお尻の選択肢で「お尻の方が痛くない」と言われ、お尻に打つことに。

20分後くらいに注射の影響で、目がチカチカしてくる。
この注射は、注射嫌いの私でも耐えられました。

その後、検査開始。
カテーテルを入れ、水を通し始めました。
じわじわと子宮内が暖かくなる感じで、少しずつ痛みを感じてきました。

「痛い時は痛いとはっきり言って下さい。
それで症状を掴むので、我慢しないでね。」
と、言われました。

「ちょっと痛いです」とうなったら、先生はゆっくり検査を進めてくれました。
1番痛みを感じた時は、生理痛の酷い時の子宮の痛みと同じ感じでした。

多分3分くらいで終わったと思います。
終わった後は痛みもだいぶひき、その後ちょっと腹痛が残りました。
注射の影響かお尻が痛く感じましたが、その日のうちに戻りました。

抗生物質は検査の前日、当日の2日間服薬しました。
結果、卵管も通っていたようで、特に問題も無しとのことです。

今後の人へのメッセージ

今回の卵管通水検査では、特に問題はありませんでした。
検査をしたことでより卵管が通りやすくなったのかもしれません。
この周期に妊娠することができました!

痛い、怖いのイメージしかなく、出来れば避けて通りたかった検査でした。
でも、耐えられる程度の痛みで、こうして赤ちゃんを授かれ感謝しています。

本当にやってよかったと思います!!

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /