e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2008年 なおっちさん

子宮卵管通気検査 なおっちさん

くるまって眠る赤ちゃん
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

  • おなまえなおっち
  • 年齢28
  • 治療期間3ヶ月
  • 検査費用820円

卵管通気を受診するきっかけ

結婚して2年、卵巣の手術をして1年。左卵巣はほとんどなく、右も少し切除。自分でタイミングをとってもなかなか妊娠せず、不妊治療を受けることになりました。

卵管通気検査の進行と感想

卵管造影検査だと思って心して病院へ行ったのに、行ったのは通気検査でした。器具を取り付けるとき、違和感はありましたが「痛い!」って言うほどでもなく、ガスを注入するときもまったくと言っていいほど痛くありませんでした。「ガス入っているの?」って疑ったぐらい(笑)

一番違和感があったのが器具を取り付け→消毒の時。細長い何かで膣の中を消毒するときがチクっとして変な感じがしたけど、その後ガスを入れるときも特に痛みは感じられませんでした。でも、先生がガスを入れ始めたとき「圧が強すぎるな〜」「ガス漏れている?」と独り言なのか何なのかちょっと反応に困る場面もありました(笑)

結果はすぐに出て、異常は無いとの事でした。また、ガスが抜けるのに肩が痛くなるけどすぐに治るからと言われたけど、全然痛みはありませんでした。以前ガスを入れて手術したときもそんなに肩やお腹痛くならなかったから体質なのかもしれません。検査して一安心だけど、卵管が狭すぎるのは分かるのかな〜?と帰りに疑問に思ったので今度質問してみようと思います。

今後の人へのメッセージ

卵管の検査は痛みが出やすいから緊張するなって言うのは難しいですけど、緊張すると子宮も卵管も強張ってしまい、痛みが増してしまうことがあります。私は病院へ向かうまでも腰をゆらゆら揺らしてみたり、検査が始まる寸前まで「リラックスリラックス」とお腹をさすっていました。

検査が始まってすぐに体が緊張しているのに気がついて肩の力を抜いたり、お腹をさすってみたりと力を抜く努力をしてみました。検査に緊張は付き物ですが、あまり緊張しすぎないように頑張ってくださいね!

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /