e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2008年 ななさん

子宮卵管造影検査 ななさん

くるまって眠る赤ちゃん
妊娠できたよ!
妊娠できたよ!

年齢など絞り込みでるようになりました。苦しみを乗り越えた人たちの妊娠報告...

  • おなまえなな
  • 年齢26
  • 治療期間1週間
  • 検査費用8120円

卵管造影検査を受診するきっかけ

結婚してすぐに子供がほしかったので、基礎体温を計ったり、食生活や生活習慣に気をつけて、自己流でタイミングをはかっていました。

でも生理周期も安定しず、1年半程授からなかったので、勇気をもって不妊治療に通うことに決めました。卵管検査ははじめのうちにしておいたほうがいい大切な検査だと聞いて、受けることにしました。

卵管造影検査の進行と感想

卵管造影はかなり痛いと聞いていたので、本当に不安でした。検査の日が決まってからは、夜なかなか寝付けず・・・前日もこわくて泣いていました。どこまでこわがりなんだと自分が情けなくなっていました。笑
だけど、いつか赤ちゃんに会いたい!その気持ちのほうが強かったので、がんばれたんだと思います。

当日は9時からの検査で、朝起きてからは、絶飲絶食でした。
病院について、まずはアレルギー反応がでないか、腕にシールみたいなものを貼って、パッチテストをしました。造影剤を使用するためだと思います。そのあと肩に緊張を緩和するための注射をしました。

内診台で細いチューブを入れるのですが、かなり怖がっていたのが先生にばればれで・・・笑
隣に看護婦さんがずっとついていてくれました。あっとゆうまにチューブが入って、テープで足に固定したまま、レントゲン室に向かいました。
『液を入れるときに生理痛みたいになるから、それだけ我慢してね』と先生に言われ、がちがちのまま痛みを待っていました。しかし・・・もう入ってる?って思うほど無痛に近かったです。本当に少し生理痛みたいな感覚があるだけでした。
『うん、きれいに通ってるね。もうこれで終わりだよ、あっとゆうまでしょ?』と先生に言われてはじめて笑顔になれました。

検査にびびりまくっていたせいか、本当に痛みもなく、時間もあっとゆうまに終わりました。最後に抗生物質の点滴をうけて帰りました。次の日も点滴を受けに入って、飲み薬は3日分もらいました。

今後の人へのメッセージ

卵管造影を受けるには、なかなか足が病院にむかないと思います。私自身がそうでした。

だけど、この検査は赤ちゃんに出会える日に少しでも近づける検査だと思います。検査後は妊娠しやすくなるって聞くし・・・
検査前はこわくて不安で泣いて、ダンナ様を心配させましたが、今は受けてよかったって心から思います。赤ちゃんにであえる日を信じてがんばって受けてほしいと思います!

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /