e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2008年 みかんさん

子宮卵管造影検査 みかんさん

赤富士
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

  • おなまえみかん
  • 年齢29
  • 治療期間2ヶ月
  • 検査費用7730円

卵管造影検査を受診するきっかけ

結婚して基礎体温をつけ始め、なんとなく無排卵かなと思い産婦人科を受診。

その後、不妊治療を得意とする病院に転院し、先生から「治療方針を決める上でも卵管造影は早い方がいい」と言われて検査を受けました。

卵管造影検査の進行と感想

検査当日朝食は軽めに済ませて行きました。

持ち物はナプキンを1枚持ってくるように言われていました。

検査用の術着に着替えることはなく、いつもどおりに下着をとり内診台に上がって、まずは卵胞の大きさチェック。その後消毒、器具の装着、カテーテルの挿入。少し違和感がありますが、痛みはありません。

次に「おなかが膨れるような感じがしますよ」と言われましたが、あまり感じなかったです。「今度は造影剤を注入します」と言われてドキドキしましたが、痛みは無し。ただ、お腹に少し温かいような液体が入ってるなって感じだけです。

そして、そこで写真を1枚撮り、終了。
検査後に軽い生理痛のような痛みがありましたが、すぐに治まりました。
検査時間は15分位で、検査後に出血と、とろりとした液体が少し出てきました。

検査結果は両方ともよく通っていると言われました。
(私が検査を受けた産婦人科ではカテーテルが使い捨てで保険適用外だということで、他の病院よりは少々検査費用が高いかもしれません。)

今後の人へのメッセージ

痛い検査だと思っていたので検査の前日からかなり緊張して胃が痛くなりましたが、やって良かったです。

先に、この検査を済ませた方から「出来るだけリラックスして、下腹部に力を入れずに呼吸に集中すると良いよ」と教えて頂いたので、スーハースーハーと腹式呼吸をするように心がけました。

「痛い検査」と聞くとやるのが嫌になってしまいますが、治療方針を決める上でも一歩踏み出してみるのはどうでしょうか。私のように、痛みがほとんど無い人も沢山いると思います。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /