e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2008年 まーくんさん

子宮卵管造影検査 まーくんさん

ご利益のある桃
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

  • おなまえまーくん
  • 年齢33
  • 治療期間1週間
  • 検査費用7,000円(投薬含む)

卵管造影検査を受診するきっかけ

基礎体温を元に自己流にタイミングを取りながら、ベビ待ちしていました。
しかし、1年3ヶ月経っても妊娠せず。

年齢的なこともあり、ひと通り検査しようと思い不妊治療専門医を受診。

基礎体温表から間違いなく排卵はあり、自己流のタイミングも合っていました。
他の原因があるのではという事で、周期11日目に卵管造影検査をすることに。

卵管造影検査の進行と感想

18時からの検査の為、13時から絶食。
まず超音波で内診後、消毒をして器具を挿入。

「子宮口が狭くて曲がっているから、管が入りにくい。痛いかもしれないよ。」
と先生に言われましたが、全く痛みは無し。

先生は四苦八苦した様子でしたが、無事に管が入り、カテーテルを挿入。
(麻酔や座薬はなし)

カテーテルの先を太ももにテープ止めして歩いてレントゲン室まで移動。
レントゲン台に仰向けで寝て、脚を軽く開く。

「造影剤を入れていくので、痛かったら言ってください」
とのことでしたが、ここでも全く痛みは無し。
おへそまでスカートをめくり、息を止めた状態で1枚撮影。

再度造影剤を注入していくと、やっとジワジワと下腹部に異物感がしました。
ゆっくりと弱い生理痛のような痛みがくる。その状態でもう1枚撮影。

「最後、あと少し造影剤を入れて撮影したいから、あとちょっと我慢してね。」
と言われ、再度生理痛がありましたが、普段の生理痛より全然軽かったです。
3枚撮影してから内診台に戻り、カテーテルを抜いて消毒してもらい、終了。

内診台はカーテンで仕切られ、何をされるんだ?という恐怖心がありました。
先生が次は何をするのか、今何をしているか逐一説明してくれて安心しました。

内診台にナプキンが備えてあったので、ひとつ貰いました。
診察室に戻り、パソコン画面でレントゲンを見ながら先生が説明してくれました。

気分が悪くないかと何度も確認されましたが、全く不調は無し。
普通にひとりで帰宅。抗生剤を2日間処方されました。

今後の人へのメッセージ

検査の予約をしてからの1週間は、緊張と不安で子宮がキリキリしました。
結果は両方とも卵管がキレイに通っていて、本当に安心できました。
それだけでも、この検査を受けて良かったと思います。

痛みも人それぞれだと思いますが、このサイトの体験談に「深呼吸して下腹部に力を入れないのが1番」と書いてあったので、内診台でもレントゲン台でも先生に聞こえる程大きな深呼吸をしていました。

「大丈夫ですか?」と心配されました。
でも、変に力まなかったのが良かったのかなと思います。
本当に緊張すると思いますが、リラックスして頑張ってください。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /