e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2008年 まーさん

子宮卵管造影検査 まーさん

うつ伏せで寝る赤ちゃん
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

  • おなまえまー
  • 年齢28
  • 治療期間2ヶ月
  • 検査費用2800円

卵管造影を受診するきっかけ

元々生理不順と小さな子宮筋腫があって6年ほど前から婦人科に通っていました。一年前に結婚した時に、婦人科の先生に、もし一年たって妊娠しなければ何か原因があるかもしれないから早く検査を始めた方がいいと言われていたので今回検査をすることになりました。

卵管造影検査の進行と感想

まず前回通院した時にクラミジアに感染していないかの検査(子宮がん検査と一緒にしてもらったので膣の中に棒?を入れガリガリされましたが痛みはなし)をし、陰性だったので受けられました。卵管に小さい泡泡の液体を流し込んでその流れをみるというものでした。膣に消毒液を入れ消毒し、細いチューブを差し込んでそこから液体を流しました。だんだん鈍い痛みが下腹部にやってきて、更に液体を流し込んでいくと痛くてじっとは寝ていられず身もだえしてしまう位でした。

検査が終わりチューブを抜いてもらうとお腹の痛みはスーっとひきましたが、検査の椅子から降りた途端に腰がぐっといたくなり、立ってるのがやっとの状態。帰るに帰れず痛み止めを飲み少しベッドで休ませてもらい、痛みが治ってから帰ってきました。卵管に問題はないとわかり、痛みと引き換えにひとつ不安がなくなったので、辛かったけど受けてよかったと思います。抗生物質を2日分もらいました。

今後の人へのメッセージ

痛かったけれど、きっと赤ちゃんを産む痛みはこんなものじゃないんだろうなと思うと耐えられました。それに、もっと痛いのを想像していたので、こんなもんですんでよかった〜というのがまず思ったことです。ほとんど痛くない方もいるようですし、毎月生理がきて悲しむよりも、一歩進んで自分の体をよく知っていくのは大事なことだと思います。赤ちゃんに会える日を楽しみに頑張りましょうね!!

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /