e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2008年 こゆきさん

子宮卵管造影検査 こゆきさん

ご利益のある桃
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

  • おなまえこゆき
  • 年齢29
  • 治療期間5か月
  • 検査費用4000円

卵管造影検査を受診するきっかけ

3か月間、普通の産婦人科で血液検査とタイミングをみてもらいましたが妊娠せず、今回から不妊専門の病院へ変わり、初診でこの検査を勧められ予約をとりました。

卵管造影検査の進行と感想

生理周期が24日で生理が終わってから排卵までに日にちが少なく、周期6日目の卵管造影後、土日をはさんで9日目に造影剤が拡散しているかのレントゲン、その翌日はもう排卵でした。

1日目はスカートで、服はそのまま下着だけ脱いで台に上がりました。先生が造影剤を入れるまでは痛みなどは全くなく「それでは造影剤を入れます」と言われた辺りから、体が熱くなりました。一瞬力が入ったのですがすぐに「もう終わりました」という言葉で楽になりました。

台から降りてナプキンをつけて、そのあとも何も無かったかのように歩き、車で帰宅しました。帰宅後と寝る前、翌日の3回薬を飲みました。ほかに注意事項等もなく普段通りでした。ただ少しお腹が張るような感じがしました。

2回目のレントゲン撮影は服を着たまま、ファスナーのみ下げるでした。卵管は両方通っていて、内診では「排卵早いですね。もうそろそろです」、「今日からタイミングをとってください」ということでした。検査後すぐに排卵ということで心配がありましたが、問題ないみたいです。

今回から不妊専門の病院に変わり、スムーズな検査とタイミング指導により、かなり期待しています。

今後の人へのメッセージ

不妊専門の病院以外でも、この検査は受けれると思います。 ただ先生の腕によって痛みの感じが違うと聞いたことがるので、私の場合は先生の手際がとても良く、短時間で痛みもほとんど無かったのではないかなと思っています。

私のように生理周期が短い方は生理が終わったらすぐに検査できるように予約されたほうがいいと思います。

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /