e-妊娠top 不妊治療と不妊症 卵管造影検査体験談 2008年 アラヲさん

子宮卵管造影検査 アラヲさん

くるまって眠る赤ちゃん
妊娠できたよ!
妊娠できたよ!

年齢など絞り込みでるようになりました。苦しみを乗り越えた人たちの妊娠報告...

  • おなまえアラヲ
  • 年齢32才
  • 治療期間8ヶ月
  • 検査費用約5,000円

卵管造影を受診するきっかけ

最初は産婦人科に通院し、クロミッド+タイミングを6回行いましたが、良い結果が出なかったので、不妊専門病院に転院しました。以前から「卵管造影」をやりたいと思っていましたが、前の病院には設備が無く行うチャンスがありませんでした。(←通水は行いました) 転院を機に検査を受けてみようと決意、実施にいたりました。

卵管造影検査の進行と感想

事前に検査内容と方法を説明いただき、当日はスカート&軽い食事をすませ病院に。再度、検査の説明を受け、消毒とカテーテルの挿入を行い、レントゲン室に移動。カテーテル挿入の際に、痛みはありましたが、これも未来のベビちゃんのためと我慢。といっても、我慢できないような痛みではありません。子宮頸部を広げる時が最も痛かったんじゃないかな?と思います。

その後、造影剤を注入。痛い検査だと聞いたり見たりしていたので覚悟して臨みましたが、ぜんぜん痛くなくて逆に拍子抜け。ただ、下腹部に違和感はあります。注入直後と、その翌日の2回、レントゲン撮影を行いました。3日分の抗生物質と鎮痛剤をいただきましたが、痛みを感じる事もなかったので鎮痛剤は飲まずにOK。検査後、3日間茶色のオリモノが出ました。

今後の人へのメッセージ

痛いんだろうという気持ちが体を緊張させて「痛み」を生むこともあります。先生や看護婦さんも常に「力を抜いて〜!リラックス!」と言っていただいたおかげで、痛みをそれほど感じなかったのだと思います。以前、通水を経験しましたが、そっちの方がよっぽど痛かったです。この検査は卵管の詰まりをみるものだけれども、治療の効果(卵管の掃除など)もあるようなので、妊娠しやすくなるそうです。未来のベビちゃんのために頑張りましょうね!

過去の卵管造影検査 体験談

\ Pic Up /