不妊ストレスを克服していると思いますか?


妊娠できないストレスはそれを経験した人にしか「想像できない」とよく言われます。実際に今までの人生で、これほどまでにストレスを感じたことがない人もいるのではないでしょうか。

「妊娠したい」という欲望がなかなか満たされないことに加えて、人と比べてしまう気持ちが「なぜ自分だけ?」という感情をも生み出してしまいます。投稿コンテンツ、不妊期間中のストレスを読むとよく分かりますが、ほとんどの人が自分の置かれている環境にストレスを感じているようです。

しかしインターネットの普及で情報が広く伝わるようになったのも確かなことです。同じように妊娠したいと頑張っている人の存在、また苦労をして赤ちゃんを授かった人の報告などを知ることで共感することも多いはずです。

ストレスとうまく付き合う

ストレスを克服するといっても自分の置かれている環境で、人によってかなり差があるかもしれません。出口の見えないトンネルと逃げ場のない状況に、今後どうやって立ち向かっていけばよいのでしょうか?

人間は我慢をすると、ストレスが必要以上に溜まってしまうようです。あなたにとって嫌なことを我慢せずに相手に伝えることで、ストレスが軽減されることもあります。

心無い言葉を言われた時には「ごめんなさい、私にとってその話はすごく深刻なことなの」と、はっきりと意思表示をすることで、普通ならば分かってくれるはずです。

もちろん言い方には工夫が必要ですが、理解を求めるよりも「私の心配をしてくれてありがとう、でも今はそっとしておいて欲しい」ということをアピールするとよいでしょう。

こんなことを言ってしまうと「何か陰で言われるのでは?」と感じる人もいるかもしれません。しかし今は陰口を言われるよりも自分を守ることが大切なのです。自分が苦しい思いをしているのは「今だけなんだ」と割り切ることもストレスを克服する大切なことでしょう。






データ関連ページ


あわせて読みたい