不妊が原因でうつ気味と感じることは?


妊娠できない期間は精神的に追い込まれやすい時間と言えるでしょう。「妊娠したい」という普通に思える欲求が満たされないことで、精神的に疲れて気持ちがどんどん荒れていきます。そしてだんだん周りの目が気になるようになり、本来の目的とは違った焦りすら出てきてしまうのです。

人間は誰しも「幸せになりたい」と感じているはずです。ほとんどの場合それは特別なことではなく、「大好きな旦那さんと結婚する。可愛いベビーを授かりたい。そしてマイホームで家族で幸せに暮らしたい」といった贅沢ではなく普通の夢です。

しかし幸せな家庭を築くためのステップ、「妊娠~出産」が計画通りに行かないことでストレスが溜まり、「このままでは幸せはつかめない」というような錯覚すら感じてしまいます。妊娠しないことがコンプレックスになり、いつしか人間としての欠陥すら感じてしまうこともあります。

そしてこの期間は月経周期にも振り回されることが多いでしょう。月経で一喜一憂というページを作成していますが、このページのように月経に一喜一憂して毎月を過ごしてしまうと、精神的に無理が重なってしまうのです。毎周期に排卵日と生理予定日があるので、どうしても妊娠を期待してしまうし、生理が来ればどうしても落ち込んでしまいます。

もし自分の気持ちををコントロールできないと思った時には、誰かに話を聞いてもらうと気持ちは楽になるかもしれません。今の悩みを相談できる人が1番ですが、黙って話を聞いてもらうだけでも気持ちは楽になります。大切なのは「黙って聞いてもらう」ということで、そのことにつべこべ言われると余計にストレスが溜まってしまうこともあるでしょう。

「話せる人なんていない」という方に。このサイトでは参加型の掲示板を用意しています。ご存知でしょうか?掲示板は参加することはもちろん、皆さんの投稿を「読むだけ」でも気持ちが軽くなることがあります。また気持ちを吐き出す掲示板も用意しています。こちらは交流を求めるのではなく、自分の気持ちを吐き出すために用意してあります。






データ関連ページ


あわせて読みたい