e-妊娠top 出産報告 2010 アッコさん

出産報告2010 アッコさん

マタニティーストレッチ

妊娠週&出産カウントダウンの設定

顔
  • おなまえアッコ
  • ねんれい32
  • 結婚期間4年
  • 出産日2010年4月5日
  • 出生時間 午前10時37分
  • 性別男の子
  • 体重3330g
  • 妊娠週数39w6d
  • 子宮口全開まで4時間半

出産を目前に迎えて

32週の検診で、子宮口が柔らかく赤ちゃんが下がって来ていて、お腹も張っていると言われ、自分では全く気付いていなかったのでビックリしました。正期産までは、安静に!との事で、主人の実家に上の子と主人と帰りました。

それからは、検診に行く度に子宮口がビミョーに開き続け、赤ちゃんも下がっていた為、先生から始まったら早いから、いつもと違う事があれば時間は計らなくていいからすぐ来て下さい。と言われていました。

今回は早いうちから、恥骨痛が激しく動くのがやっとでした。

お産までの流れ

出産前日、お昼におしるし?の様なものがありましたが、様子を見ようと、一応主人にメールをしました。主人が夜に仕事から帰って来た時は特に変わりがなかったのですが、夜12時頃もう一度おしるしがありました。

明日かもだから、早く寝た方がいいかも〜と、言ってました。でも、なんとなく張って気になって眠れず2時迄、時間を計ってました。途中から、気にしすぎかも?と思い、寝ました。

4時に小さくプチッと言う感覚があり何故か目が覚めて座ると、座った途端、バシャーっと何かが出ました。破水!と思い、トイレに行くとナプキンが重くなる位かなり出てました。

産後の産褥ナプキンをして、すぐに主人を起こして病院に連絡しました。この時は痛みは全くありませんでした。

分娩時の様子

車で病院に向かう途中も、時々ドバッと出てる感覚がありました。着いてから、分娩室にすぐ入り破水をしている為、点滴をしました。痛みは気になりませんでしたが5時半頃から規則的に張り始めました。

6時に見て貰うと子宮口はまだ4センチ位でした。 この日は主人はお休みがとれず、会社に行く為、8時に帰りました。

ちょうど、その時、隣の分娩室から大声が聞こえてきて、私も何時間か後には、あんなに苦しむかも…と思うと、1人は心細くなってきて、実母に来て貰いました…

少しずつ痛くなって来てましたが、母に朝食のパンをちぎって貰って分娩台で食べました。9時の回診で、6センチ開いてて、午前中には生まれると言われました。この時は、だいぶ痛くなってました。

でも、呼吸に集中して我慢は出来ました。10時頃かなり痛くなって涙が出てましたが、母と話しはしてました。母に、かなり痛そうだけど、呼んでみたら?と言われ…だけど一人目の時はこんなものではなかった…と思い我慢してたら、助産師さんが来て、先生に赤ちゃんの心拍数が下がってます!と電話を。

凄く不安になってきて、先生が来ました。後30分位で生まれるよ、と言われ酸素マスクをしました。息みたくなったら、いきんで!と言われ息もうとしましたが、痛い痛いと声を出してしまい、うまく息めず…これでは、ダメだ!と気を取り直して頑張りました。

生まれた瞬間の気持ち

どうやら、臍の緒が首に巻き付いてたみたいで、出にくかったみたいです。 今回は陣痛より産む時の方が痛くて、もう産みたくない!と思いました。 赤ちゃんの顔を見た瞬間、上の子にあまりに似てて、笑いました。上の子を産んだかと思いました(笑)

噂には聞いてましたが、後腹の痛みにはビックリ。痛かったです。

出産後の生活

1ヶ月実家に帰り、その後自宅に帰りましたが、赤ちゃんは2人目で余裕もあるのか、全く手がかからず、ゆったりと生活しています。

実際に出産してみて

出産前は寝てる時に破水したら気付くのかなぁ?とか、色々気になって体験談ばかり読んでましたが、いざその時になると、ヨシッ来たっ!と言う感じで不安も何もなく、赤ちゃんに会える楽しみばかりでした。

出産を控えた人へのメッセージ

予定日が近付いてくると、不安だと思いますが、始まるとなんとかなります! そして気付いたら終わってます。産む前は早く産みたいと思ってばかりでしたが、産まれるともう一度体験したい!と思うばかりです。それ位、辛くても感動的な事です!

\ Pic Up /