e-妊娠top 出産報告 2007年-みみたママさん

出産報告2007年-みみたママさん

妊婦さんとパパ

妊娠週&出産カウントダウンの設定

おなまえ出産日生まれた時間
みみたママ2007年10月2日午前7時30分
性別赤ちゃんの大きさおなかの日数
男の子3200g39週1日

お産までの流れ

18:00 前日から続く前駆陣痛なるものが再びはじまる。
19:00 外食中におなかが痛くなってトイレへ・・・
   用を済ませると少し楽になったので下痢だと勘違いする。
21:00 定期定期におなかが張るので時間を計ってみると約10分間隔〜15分感覚であることに気づく。
23:00 少しずつ痛みがでてきて10分間隔が続く。

24:00 病院へTEL。初産のため、5分感覚になったら来て下さいと言われる。
01:00 痛みが強くなり7〜8分間隔なので病院へ行く
01:30 NSTを取るが、間隔がバラバラなので様子を見るということで入院。
02:00 痛みは強さを増すがまだ間に寝れるくらい
04:00 腰への痛みが強く痛みの長さも長くなってきた

05:00 破水。想像以上の量でビックリ!破水と共に痛みは増して、腰をさすってもらわないとどうにかなりそう!!
06:00 子宮の開き具合を見るため分娩室へ移動。(痛み)の間にGO!!!
06:15 診察。6cm開大。どんどん開いているのでこのまま分娩に入りましょうとのこと

分娩時の様子

06:30 ソフロロジーの曲が流れてくる。
   痛みはピークで息が出来ない・・・。
   看護婦さんが点滴の針を刺す。
   NSTのグラフを見せてもらい「波に合わせていきみましょう」と助産婦さん。

07:00 3〜4回いきんだ頃。
   おじいちゃん先生登場。
   「切開するので注射しますねー。ちくっとしますよ〜」なんていわれた
けど、その痛みなんて少しも感じない。それより早く出して〜の状態

07:20 7〜8回いきんだ頃、「頭が出ましたよ〜体楽にして短息呼吸にしてくださいね〜」の指示
07:27 誕生!!!!!

生まれた瞬間の気持ちは?

頑張ったね〜。やっと会えたね〜。お母さんになったんだなァ信じられない。障害はないだろうか。

生まれたすぐの時はなんだか放心状態。助産婦さんが胎盤を出すのにおなかをおしてくれて「ほらさわってごらん」っておなかに手を持っていかれた。触るとさっきまでパンパンに張ってたおなかがぺしゃんこになっててびっくりやらすこしさみしいやら。

切開の場所を縫われているときも全く痛みを感じずなんだかさっきまでの死闘がうそのようだった。2〜3日後に縫合した部分が引きつってとっても痛かったのと、おっぱいが張って乳線炎になりかけたのが辛かった。

出産後の生活

退院後は実家に戻り赤ちゃんとの生活にどっぷりつかりました。陥没乳首だったため母乳育児がうまくいかずちょっとしたマタニティーブルーになりました。

でも、どうしても母乳で育てたかったので病院を探して4ヵ月程通って赤ちゃんが自分で吸えるまでになりました。1カ月ほどでアパートに戻り家族だけの生活を始めました。どうなることかと心配していましたが、何とかなるものですね(笑)

これから出産する人に一言

私の場合、出産自体は想像していたより楽なお産でした。周りの人からの情報で痛みを感じている時々でこれよりもっといたくなるんだと覚悟していたので・・・。「案ずるより生むが易し」ですね!感動の対面をはたしてくださいね☆

\ Pic Up /