e-妊娠top 不妊治療と不妊症 体外受精体験談 さやさん

体外受精体験談 さやさん

ざくろ
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

顔アイコン
  • 名前さやさん
  • ねんれい37
  • 不妊期間2年
  • 費用300000

体外受精までの過程

後になってわかったことだが、生理時の出血量がものすごく多かった。寝れば漏れるの当たり前、座れば染み出るの当たり前。生理中は立っているのが当たり前。それが普通だった。

胃下垂だから下腹部の膨らみも気にしなかったが、結婚もしたし、一度見てもらえとの助言で婦人科へ。筋腫発見にて2年半前内視鏡手術。 術後半年は子作り禁止令。

2年前より解禁、自分でタイミンを取るが一向にかすらない。解禁から半年、不妊治療専門医を尋ねる。タイミング法を開始。半年先生の下でタイミングを聞きHCGなど注射し行うもヒットせず。

今から1年前からAIH開始。5ヶ月実施もヒットせず。その後毎月通うもAIHは行わず半年、タイミング。

そしてイヨイヨ年が明け、妊活開始から1年11ヶ月 IVFにTRY。

やっとここまで来た。先生は精子も卵の育ちも悪くない、体温も悪くないと言ってくれており、なんとかタイミングかAIHでと頑張ってくれた。私はすぐにでもAVFへ移行したかったけど…。旦那ちゃんは先生の話、私の話をよく聞き、全てを受け入れてくれていた。

だから先生を信じ、ここまでIVFを我慢した。 何も悩むことはない。だって出来るか出来ないか分からないんだもの。何が原因かもわからないんだもの。

ピックアップ障害(子宮筋腫後のチョコレート嚢腫が出来てしまっている為)の可能性や、受精障害、着床障害、何が原因か知るためにもやってみるしかない。

ただ、お金の心配だけ。仕事の心配だけ。(自宅から15分の治療院は職場から1時間半)

体外受精のスケジュールと卵巣刺激法

IVFを行う前に先生と三者面談がある。診察終了後に予約し、先生と話、本当にIVFを行うのか、そのリスクや、お金の話など。

もちろんお願いするつもりで話を聞きに行っているから、詳しく聞くのみ。(医療人であり、周囲にもIVF経験者が多数いたため、頭ではいろいろ理解してたし)

面談後最初の生理初日はちょうど仕事が休みだったので、「今日さっき生理になりました!」って、通院しIVFのスケジュール確認をした。

採卵までの通院は生理初日から数えてOPE日まで7回 自己注射を選択したが、高いからといって、職場での注射許可をもらった。

採卵、受精の様子

1~5日目 生理

1~13日目 朝晩点鼻薬(ナファレリール)採卵2日前まで

3~4日目 注射(ゴナピュ~ル300)職場の理解あり、職場で注射

6~11日目 注射(hMG)職場の理解あり、職場で注射

13日目 23時注射(hCG)先生のこだわりで、採卵36時間前と言われ、23時先生の待つ病院へ。

14日目(採卵前日) AM採血 血液型・梅毒・E2・プロゲステロン・HIV確認
 21時以降の摂食禁止、24時以降の飲水禁止

15日目 AM10時 採卵(4つ)
 採卵は5分程度終了 麻酔はわずかにかけてもらっていた為、会話は聞こえているがボーッとしている。終了後30分休憩(旦那ちゃん付き添い)30分後消毒。朝受付してから帰宅まで1時間半弱。

数時間ボーッとしてたので運転は禁止、お腹はペコペコだったのですぐにうどんを食べに!採卵中の痛みは全くなし。

16日目 4つの卵のうち3つは分裂開始(電話確認)
 ATについては予定だけ決め、当日子宮の状態で中止の可能性もあると言われていた。

胚移植、妊娠判定のこと

18日目 予定通りAT(グレードⅢ&Ⅳ移植)(3つの内1つは追加培養)
 移植はAIHとほぼ変わらず。ただ、尿が溜まっている方が分かりやすいとのことで、少し我慢して来院。

18夜~28日目夜 朝晩ルティナス膣錠 

18~30日 2日に1回ET(エストラーナ)貼付

23日目 注射(プロゲストンデポー125)(追加培養した卵は杯盤胞にならず…凍結できず。)

25日目 内診 子宮内膜1.47mm

28日目 注射(プロゲストンデポー125)

32日目 判定結果 陰性

次周期はお休み、排卵前に受診予定。 と、言うことで、今回は妊娠に至らず。 これで、手順なども分かり、再チャレンジをする日を待つのみ。 夫婦では次頑張ろうってことに。

体外受精の感想と今後の人へのアドバイス

妊娠判定のこの日まで全く辛いと感じることもなく、ただただ日が経った。 でも、判定の日、診察室に呼ばれるまでの間(尿検査)合格発表待ちの学生時代を思い出した。

陰性の結果を聞き、あ~ダメだったかと。その程度。 すぐに旦那ちゃんにメールで報告、両親に報告。

家に帰ってから初めて大粒の涙が止まらなかった。 何がダメなのかは分からないが、受精障害では無いことはわかっただけでもひとつ前進した。

時間とお金、私はそれだけだ。自分の体への負担やストレスは全く感じていない。月に1回しかない大事な時間をひと月も無駄にしたくないという気持ちだけ。次周期はお休みと聞いてむしろがっかりしている。

次のIVFまではサプリも含め体のケアに徹しようと夫婦で話し合っています! 落ち込んでる暇はない!AIHもIVFもどんな流れで行うのか、その流れがわかっただけでも次回が楽ではないでしょうか。

P.S.
点鼻薬12000は高い!IVF後のエストラーナ55000やルティナス8000円。 お仕事も頑張りましょう!

\ Pic Up /