e-妊娠top 不妊治療と不妊症 体外受精体験談 あいりんさん

体外受精(IVF) あいりんさん

木村さん
基礎体温チェック
基礎体温作成

←こんな基礎体温表を簡単作成。自分の基礎体温と妊娠した人たちとのシンクロ検索が可能

あいりんさんのIVF

  • ねんれい31歳
  • 体外受精費用 30万(保険適用外でかかった費用)

体外受精までの過程

私は、結婚して1年半以上たっても妊娠の兆候が全くなく不安に思い、病院で検査をしてもらったところ、子宮が小さいという事と、血清に精子凝集因子を持っているという事がわかり、普通の人より妊娠しづらい体だと言われました。あとは、主人の精子の運動率もあまりよくない事がわかりました。それがわかってから、タイミング療法を1回、その後はAIHにステップアップしました。

5回AIHをしましたが、すべて玉砕!医師に、受精に問題があるのかもしれないから「受精テスト」を勧められました。これは、採卵をして、普通の体外受精と同じように精子と受精させ、受精能力をみる為のものです。勿論、良好胚になれば、移植も可能だと言われ、やってみる事にしました。結果、9個の卵子のうち、受精したのがたった2つ。しかも、その2つとも、途中で成長が止まってしまうという始末・・・愕然としました。

医師にも「受精率が悪いわね?。多分、今まで、全く受精していなかったんじゃないかなぁ」と言われ、かなりショックを受けました。これでは、自然妊娠なんて絶対無理かも・・・って思い、思い切って体外受精に踏み切りました。私達夫婦の場合、精子の運動率も良くないとの事で、体外受精と顕微授精の両方でやってみることになりました。

体外受精スケジュール

私は、体外受精の1周期前の高温期の半ばから、ナサニール点鼻薬を毎日朝晩使用する、いわゆるロング法でやりました。そして、生理3日目から、フォリスチム75を3A(アンプル)これを2日連続投与。これは、今まで打ってきた筋肉注射の中で一番痛かったです。

次に、フォリスチム75を2Aに切り替え、これを4日間連続投与。ここで、診察が1回入り、卵胞チェック。16ミリぐらいになってました。この日から、HMG1501Aに切り替え、これを2日連続投与。普通、HMG+HCGでやるのが一般的みたいですが、フォリスチムの方が卵子の質を良くするようで、フォリスチム+HMGにしたそうです。

この日、診察の後、採卵日を決めるため、採血をしてホルモン値をチェック。同時に採卵時に麻酔をする為、血圧、心電図検査も行いました。翌日、採血の結果を聞いたところ、周期13日目に採卵をすることが決まりました。

ここまで、8日連続通院が終了。さすがに、疲れました・・・。翌日、周期11日目、夜の11時に病院に行き、HCG投与。この日で点鼻薬も終了。翌々日、いよいよ採卵日です。

採卵、受精のこと

採卵は、朝9時からでした。当日は麻酔をする為、朝は飲食厳禁でした。9時前に病院に着き、直ぐに呼ばれ、オペ室へ案内されました。そこで、手術着に着替え、何か注射を打たれました(何の為の注射だったのか聞く余裕がありませんでした。)。そして、手術台の上で横になると同時に、右手に血圧計、胸に心電図の為に何かを貼られました。

先生がオペ室に入ってきて、まず、膣内を洗浄。少し痛いと感じました。それから、一気に目の前が真っ暗になり、何がなんだかわからなくなってしまいました(看護師さんが、何も言わずにいきなり麻酔を打ったから・・・)意識はないようであって、気持ち悪い感覚を覚えました。

最初は麻酔が効いているので、痛みとかはなかったのですが、しばらくして麻酔がきれてきたのか、採卵中、2度ほど意識が戻り、そのたびに痛みが伝わってきて辛かったです。採卵にかかった時間は20分くらいでしょうか?なにしろ、麻酔で頭が朦朧としてて、時計をみることができませんでした。

採卵後は手術台で少し休み、それから、担架で病室のベッドに移動し、4時間ぐらい安静にしてました。麻酔のせいなのか、尿意を何度ももよおし、でも、尿は出なくて、それがまた苦しかったです。途中、先生が様子を看に来てくれて「卵は19個採れましたよ」って教えて下さいました。

後日、受精卵の有無を聞いたら、やはり前回同様、受精率があまり良くなく、19個中、1個は未熟卵子だったので、残り18個で受精させたところ、たったの9個しか受精しませんでした。10個以上は受精してるだろうと思っていたので、ショックでした。でも、その9個とも、なんとか胚盤胞まで育ってくれて、凍結胚にすることもできました。

採卵後は、黄体ホルモンの注射を打ち、5日間の膣坐薬と抗生物質を処方されました。それから数日間は卵巣がかなり腫れていたようで、お腹が張って苦しく、またそのせいで胃も圧迫されて痛くて辛かったです。

胚移植、妊娠判定のこと

採卵から5日目に、胚移植を行いました。特に痛みはなく、5分程度で終了。ベッドで1時間ぐらい安静の後、帰宅。ここでも、膣坐薬を10日間処方されました。黄体機能を補充し、妊娠のチャンスを高めるために重要なお薬のようです。胚移植後は、お腹に卵ちゃんがいるのかと思うと、なんだか嬉しくなり、毎日お腹に話かけてました。

移植してから、2週間目ぐらいに、採血して妊娠判定をしました。その日のうちにわかると言うので、電話で結果を聞きました。陰性でした・・・。初胚移植だったので、あまり期待はしないようにしていたのですが、一番良い胚を移植したことと、体温が高かった事もあり、やはり期待してしまい、結果がわかった時はショックが大きかったです。

今後の人へのメッセージ

今回も失敗に終わってしまいましたが、一応、受精し、凍結胚もできたので、それだけでも、良かったなって思います。今回、妊娠しなかった事で落ち込み、そのことで主人ともケンカをしてしまったりしてしまいましたが、それがきっかけで、また夫婦の絆が強くなったような気がします。

\ Pic Up /